興信所や探偵事務所を初めて利用する人にとっては費用・料金相場が分からなくて困ってしまいますよね。案件内容や依頼する興信所や探偵事務所によっても料金が異なりますので、この記事で説明している内容を参考にして依頼先選びに役立てて下さい。

普段の生活の中で関わることはあまりないかもしれませんが、興信所や探偵事務所は、いざという時にはとても頼りになる存在です。身近な困りごとや、他人に知られたくないこと、警察には動いてもらえないような個人的なトラブルの解決に力を貸してくれるのが興信所や探偵事務所です。

ただし、興信所や探偵事務所に調査などを依頼した場合の調査費用は決して安くはありません。専門的な知識や技術を必要とする特殊なサービスなので、どうしても高額な費用がかかってしまうのです。そのため、調査費用に関する問題が起きてしまうこともあるようです。

トラブルを解決するために興信所や探偵事務所を利用するのに、その調査費用のことでさらにトラブルになるような事態になっては困りますね。

興信所や探偵事務所に調査を依頼する場合の、おおよその調査費用の相場についてご紹介します。また、一般的な興信所・探偵事務所の料金体系、調査項目ごとの費用などについても具体例をご紹介しますので、ぜひ、興信所・探偵事務所を選ぶ際の参考にしてみてください。

本文内では「興信所&探偵事務所」を「興信所」という言葉で説明していきます。

興信所の料金費用はトラブルが起きやすい?

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

「興信所に調査を頼みたいけど…」と、ためらっている方の多くは、料金に関する不安を抱えていることが多いのではないでしょうか。興信所のサービスに対する料金には明確な決まりがなく、費用が比較的高額であるという点が、大きな不安要素になっているようです。また、興信所を利用した際に料金費用に関するトラブルがあったというような話を聞くと、ますます依頼をためらってしまいますね。

実際、どういった問題が起きているのか、興信所でありがちなトラブルについてご紹介します。

興信所の料金費用についてありがちなトラブルの例

興信所の料金費用についてのトラブルといえば、最も多いのが「料金が高い!」というケース。そのほかにも、このようなトラブルがあるようです。

▼ 予想外の料金を請求された
▼ 高額な追加料金が発生した
▼ 他店よりも高かった
▼ 同じ浮気調査なのに料金が違う
▼ 調査が早く終わっても、差額を返してもらえなかった
▼ 納得のいく調査結果でなかったのに、お金を返してもらえなかった

興信所の料金費用がトラブルになりやすい理由5つ

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

興信所の料金費用がトラブルになってしまう背景には、一つだけではなくいくつかの理由が複合的に関係していることが多いようです。その理由を、項目ごとにご紹介します。

1) 興信所の調査料金費用には決まりがない

例えば興信所で夫の浮気調査をしてもらう場合、どれくらいの費用がかかるのかという明確なデータは、ありません。

興信所での調査費用については決まりがないので、業者ごとに料金体系が異なっており、調査員1人あたりの1時間の料金が1万円のところもあれば、1人7000円、または、2人で1万5000円というところもあります。車での移動が必要な場合に、別料金だったり諸費用に含まれていたり、追加料金なしのパック料金を設定しているところもあります。

そのため、依頼した店舗によって請求される金額が異なり、一般的な相場とかけはなれた金額を請求された場合にはトラブルになってしまうこともあるようです。

2) 前払いか、後払いかによる違い

興信所の調査費用は、店舗によって前払いと後払いのケースがあります。

前払いの場合は、調査終了後に清算し差額があれば返してもらえるのかどうか、また、調査終了後に追加料金が発生することがあるかどうかを事前に確認しておくことが大切です。後払いの場合は、見積り金額以上の費用を請求されることがないかどうかを、事前にしっかり確認しておきましょう。口頭での確認だけでなく、文書にしてもらっておくと安心です。

3) 状況によって調査費用は大きく変わる

夫の浮気調査を依頼したら、Aさんは3日間の調査費用が50万円だったのに、Bさんは同じ業者で100万円も請求された。なんていうことが、実際にありえます。

それは、ケースごとに調査内容や調査に必要な人員、手間、時間が異なるからです。例えばこの2つのケースで、Aさんの場合は浮気相手が職場の同僚の女性と特定されており、名前もわかっていました。夫の行動パターンも把握していたので、会社帰りに2人のあとを追うだけで簡単に成果が得られました。ところが、Bさんは夫が浮気をしているらしいという漠然とした情報しかありませんでした。そのため、Bさんの夫の身辺調査にはかなりの日数を要し、そのために調査費用も高額になってしまったのです。

このように、同じ業者、似たような調査内容であっても興信所の調査費用は必ずしも一定ではないので、思っていた金額と違うということはよくあるようです。

4) 興信所の調査費用は高額なので、差額も大きい

予想していたより多かった金額が数千円ぐらいの違いであれば仕方ないとあきらめるかもしれませんが、興信所の調査料金は決して安くはありません。想定していた金額が実際の調査費用と異なっていた場合、何万円も、ときには10数万円以上も多く請求されることもありえます。 そのため、料金費用に関するトラブルが多くなってしまうのです。

5) 悪質な対応をする興信所もある

稀なケースですが、あきらかに高すぎる金額を請求してくる業者や、十分な調査を行っていないにもかかわらず料金を請求したり、予定よりも早く調査を終えていても差額を返金しないような業者も存在するようです。

調査を依頼する前に、信頼できる業者なのかどうかをしっかりとみきわめることが大切です。

興信所の料金体系と料金内訳

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

一般的な興信所に調査を依頼した場合に、どのように調査費用の計算が行われているかを知っておくと、業者を選ぶときに安心です。

興信所の調査費用の計算方法は業者によって異なるので、必ずしもこの方法がとられるわけではないのですが、一般的な調査におけるおよその料金体系と具体例をご紹介しますので、参考にしてみてください。

調査費用の料金体系とは

興信所の調査費用について知るためには、料金体系について理解する必要があります。

興信所の料金体系にはいくつかの方法があり、人件費を時間で計算してかかった経費を請求する従来の方法に加え、人件費や諸経費込みの一括料金(パック料金)、後払いで調査完了後に成功報酬を支払う方法をとる業者も近年増えてきています。

料金体系別に詳細やメリット・デメリットを説明します。

①料金体系:人件費で計算

<詳細>調査員1人1時間あたりの人件費+実費+諸経費で計算

<ポイント>

  • 計算方法が明確
  • 短時間の調査に向いている
  • 割高になる場合がある

②料金体系:一括(パック)料金

<詳細>定額で一定の時間内の調査を行う

<ポイント>

  • 諸経費も全て込みなので安心
  • 調査が早く終わっても余った人件費は返してもらえないことも

③料金体系:成功報酬

<詳細>調査がうまくいった場合に、報酬を支払う

<ポイント>

  • 興信所にとってはリスクが高いため、割高になる傾向がある

④料金体系:基本料金+成功報酬

<詳細>事前に基本料金を支払い、調査がうまくいったら成功報酬を支払う

<ポイント>

  • 興信所にとってはリスクが高いため、割高になる傾向がある
  • 調査が失敗した場合、基本料金は返してもらえない

調査費用における人件費の計算方法

興信所の調査費用の中で一番大きなウエイトを占めるのは、何といっても人件費です。人件費は通常、調査員1人あたりの1時間の経費で計算されます。調査員1人が1時間調査を行う場合の人件費は、安いところで7000円程度から1万円以上かかる業者もあります。また、調査を行う際には2人一組で行動することが多いので、実際の調査費用は2人分の人件費が計上されることになるので、注意が必要です。

例えば、調査員1人1時間7,500円の業者に依頼し、5時間調査を行った場合、人件費は75,000円になります。それに実費や諸経費、場合によっては成功報酬などが加算されるので、調査費用の請求額は10万円程度になります。

成功報酬は、調査が上手くいったときだけ払えばよい?

近年、「成功報酬」という料金体系を取り入れる業者が増えてきているようです。

成功報酬は、文字通り、調査が成功に終わったときに調査費用を支払うという方法で、後払いになります。調査を行っても成果がでなければ料金を請求できないので、業者にとってはリスクの大きい料金システムになります。そのため、若干高めの料金設定になっていることが多いようです。

また、数万円の基本料金が設定されており、基本料金だけは前払いで支払い、調査がうまく言った場合に調査終了後に成功報酬が請求されるケースもあります。この場合、調査がうまくいかなかったとしても、基本料金は返金されません。

調査費用の一般的な項目

調査費用として請求される項目には、人件費や、車を利用した場合の車両代、撮影料、報告書作成費用などがあります。業者によっては、いくつかの項目がセット料金に含まれている場合もありますし、別途請求される場合もあります。 ガソリン代などの諸経費は、別途計算して実費を請求されることが多いようです。

【料金の項目と詳細】

人件費:調査にあたった人員一人あたりの金額
車両代:車での移動などが必要となった場合、1台あたりの金額
撮影料:写真撮影、動画撮影が別料金の場合もある
機材代:カメラ、ビデオほか特別な撮影機材などが必要な場合
報告書作成費用:調査報告書の作成にかかる費用
深夜割増料金:調査が深夜に及ぶ場合に請求されることがある

<諸経費>
ガソリン代:実費
駐車場代:有料駐車場が必要となった場合、実費
宿泊費:出張が必要となった場合、実費 通信費:実費
交通費:電車やタクシーを利用した場合、実費
入場料:実費
消耗品代:カメラのフィルムほか、実費