浮気調査や身辺調査などを依頼するときに興信所や探偵事務所というものが思い浮かぶと思いますが、どのように違うのか知っていますか?興信所や探偵事務所の違いについて歴史も踏まえて詳しく解説しました。

「夫の行動が怪しい」「婚約者の身辺が気になる」。こうした悩みは他人には打ち明けにくく、一人で抱え込みやすいものです。そんな時は、興信所・探偵事務所が解決までのサポートをしてくれます。

ところが、興信所・探偵事務所について調べてみても、似たような調査業者がたくさんあり、「どこを選べばいいかわからない」あるいは「そもそも興信所と探偵事務所はどう違うのだろう」と疑問に思うかもしれません。

最近では両者を区別して使うことはほとんどありませんが、少し前までは、両者に明確な違いがありました。興信所と探偵事務所との違いと、依頼する時の流れについてご説明します。

興信所とは

個人の行動調査や企業の信用調査を行う調査機関のことをいいます。日本で初めて興信所が設立されたのは1892年(明治25年)、「商業興信所」という、日本銀行と大手銀行グループによる共同出資で設立されました。この名前からもわかる通り、企業の信用調査、社外調査など、法人について調査することを目的に設立されました。浮気調査のように誰かにバレずにこっそり調査するというよりは、調査員が身元を明かして、堂々と調査を進めていくことができます。

探偵事務所とは

一方で、探偵事務所は他人には知られたくない秘密を調査する機関のことをいいます。こちらも歴史は古く、1895年(明治28年)に、警察を退官した岩井三郎という人物が探偵事務所の基盤をつくったと言われています。彼は刑事の経験を生かし、調査の対象者を尾行・張り込み・聞き込みなどの地道な調査を周囲に知られないように進めていました。こうした歴史的背景も手伝って、浮気調査や結婚前調査のように、調査内容を他人に知られたくない人が探偵を利用するというイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

興信所と探偵事務所の違い

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

しかし、最近の興信所と探偵事務所の明確な区別はほぼなくなりつつあります。企業調査に強みを持つ興信所でも、個人からの依頼で張り込み、尾行など、これらに類する方法で調査を行い、調査結果を依頼主に報告する業務を行う場合には、探偵業者として届出を行う義務があるからです。探偵業の業務の適正化に関する法律(以下、探偵業法)、で規定されている業務を行う調査会社は、一律に探偵業者として扱われます。

実際に、「○○興信所」という調査会社でも浮気調査に強いところもあれば、「××探偵事務所」という法人名を掲げていながら個人調査だけでなく、企業調査に対応しているところもあります。現在では「総合興信所」あるいは「総合探偵社」として、調査対象や依頼主を問わず、幅広く調査業務を行っていることが多いようです。興信所と探偵事務所で料金体系が異なるわけでもありませんし、どちらも秘密厳守で調査を進めていきます。

よって、興信所と探偵事務所の違いは、派生と歴史が違うだけで、現在では同じものという理解で問題ありません。事業者名や規模を気にせず、安心して調査を依頼できる業者を選ぶことが大切です。