姓名判断にはいくつかの流派があります。流派によってどんな名前がいいのか結果も異なります。どの流派が人気で主流なのか?どれを信じて名前を付けたらいいのか?流派の種類一覧と違いを詳しく説明します。

愛する我が子に親が最初にプレゼントするもの、それが「名前」です。 最近では、インターネットなどで誰でも簡単に占うことができるため、自分の吉凶を占ったり、赤ちゃんの名付けに活用したことのある方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

ですが一方では、「姓名判断は当たらない」と思われている方も多いと思います。 その理由として、例えば占うサイトにより吉凶が異なったり、画数が違う場合があることが挙げられるかと思います。

Aのサイトを見て吉数をつけたのに、Bのサイトでは凶数になってしまった、という場合もあると思います。

姓名判断の流派はいくつある?

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

姓名判断にはおよそ300以上の流派が存在すると言われています。流派により、画数の算定方法が異なるため、全ての流派で吉数になる名前は存在しないといってもいいのです。

ではその流派の違いとは、具体的にどのようなものなのでしょうか? なぜそれほど多くの流派が存在しているのでしょうか?

それを知るには、姓名判断の歴史にまでさかのぼる必要があります。

姓名判断の歴史

姓名判断の歴史は、古代中国の五行説および陰陽説にあると言われています。

五行説とは、「木、火、水、土、金」の五元素によってこの世の全てを解釈しようとする思想であり、陰陽説とは、森羅万象全ての物事を「陰」と「陽」であらわそうとする理論のこと。

姓名判断は、姓名の字の画数から五行の対立、陰陽のバランスを見て吉凶を判断していたのが、始まりと考えられています。一方、姓名判断の日本での歴史はもっと浅く、日本人が名字を名乗るようになった明治時代以降です。

運命学者の熊崎健翁によって、「姓名判断の神秘」が発表され、大ベストセラーとなりました。これまで難解で理解しづらかった姓名学が、一気に世に広まっていくのです。

姓名判断の流派にはどんなものがある?

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

旧字体を活用する流派

熊崎氏が提唱した「熊崎式姓名判断」では、中国の漢字辞典、「康煕字典」に基づく旧字体を使用します。

旧字体や新字体というと、もしかすると何のことやら思い浮かばない方もいるかもしれませんね。

新字体では「渡辺」が旧字体なら「渡邊」であるとか、「浜田」が「濱田」にというように、旧字体と言えど、今でも漢字によっては日常的に目にする機会の多いものもあります。

ちなみに漢数字の画数は数字の意味そのものになるので、「四」は4画、「五」は5画、「六」は6画、「七」は7画、「八」8画、「九」は9画、「十」は10画と数えられます。

ならば、百や千や万はどうなるのか?と疑問を持たれた方、ご安心ください。百や千や万は例外で本来の画数が使われます。

また、部首にも注意が必要です。例えばさんずいは水の意で4画、りっしんべんは心の意で5画、にくづきは肉の意で6画、というように文字の起源や意味などから画数が決められている場合があるのです。

一方で、このような旧字体を元にした画数の算出方法ではなく、実際の画数を重視するべきだという考えも広まって来ました。

新字体を活用する流派

それが新字体派の姓名判断で、代表的なのが「桑野式姓名判断」でしょう。 桑野式姓名判断では、五格に加え、社会運・家庭運・内運A・内運Bの独自の四運を採用しています。

近年では、同格同数理論という、画数の吉凶だけでなく働きが同じである数字の縦・横・ななめの位置関係に、カバラを加えて判断する、「吉元式姓名判断」もあります。

以上を表にまとめますと、

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

旧字体派、新字体派にほぼ共通するのは、天格・人格・地格・総格・外格の五格によって運勢を見ることであり、そこにさらに五行のバランスや三才(天格・人格・地格)の配置、生年月日、一字姓、一字名の場合に足す霊数の有無などが加わります。

どの流派が正しいということではなく、どの流派も占い師たちの経験により、進化・発展させてきた形であることは間違いありません。

現在、最もポピュラーで主流な流派は、やはり姓名判断の始祖である、熊崎健翁が提唱した熊崎式ですが、それも占者の経験により様々にアレンジされているのが実情で、そういう意味では、流派は今現在も増え続けているといって良いでしょう。

一方で最近では、インターネットで無料で気軽に姓名判断が占える時代となり、画数のみで占うようないい加減な姓名判断が多いのも事実。

ネットの無料の姓名判断を安易に信用し、後から後悔するなんてことにならないよう、自身の改名はもとより、赤ちゃんの名付けなどは慎重にするべきだと言えるでしょう。