北側玄関の対策③:寒さに強い観葉植物を置いて運気UP

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

植物は、風水において「場所のエネルギーを整えてくれる力がある」と言われています。特に「凶」とされている場所に置くことで、良くない運気を調整してくれるのです。そのため、北側の玄関に観葉植物を置くことは、良くない流れを調整し、良い運気を呼び込んだり、また悪い運気をうまく循環させてくれたりといった効果が期待できます。

北側玄関のインテリアに適した観葉植物

北にある玄関は、日当たりも悪く寒いため、植物が育つのに決して良い環境とは言えません。選ぶとすれば、寒さや日陰に強い植物がおすすめです。北側玄関によく置かれる植物として、まずは引っ越し祝いなどでおなじみの「万年青(おもと)」があります。

万年青には、邪気を払いのける力があると言われており、玄関または玄関の外に置くのが効果的です。置き方としては、まず「鬼門」と呼ばれる北東にいったん置いてから、そのあと玄関に置くようにしましょう。ご家庭を脅かす悪い運気を振り払う効果があります。

そのほか、金運アップが期待できる「モンステラ」、幸福を呼び寄せる「ガジュマル」、対人運や人気度を高める効果のある「セントポーリア」がおすすめです。葉っぱの形については、丸みを帯びた葉はリラックス効果があるため目に入りやすい玄関の内側、葉先がとがっているものは悪い運気を追い払う効果があるため、玄関の外側に置くのが効果的です。

北側玄関の対策④:北側玄関におすすめの色、避けたほうが良い色

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

北の方角は、暗く冷え切った空間を連想させやすいため、淡く明るい色を用いるのがベストです。ピンク色やベージュ、アイボリー、薄い黄色やクリーム色などを使ってインテリアするとよいでしょう。

一方で、あまり良くないとされているのが黒、グレー、水色、赤。黒とグレーは北の方角の冷たいイメージを増長させてしまいます。さらに水の気と暗い色が掛け合わされると、健康運を悪化させやすい「陰気」を呼び込みやすくなってしまうので注意が必要です。

水色は、北の方角が持つ「水の気」をより強くしてしまうので避けた方が良いです。また「火」を連想させる赤は、水と相性が悪いのでこちらも北側玄関には使用しないのがベターです。位置よりもある種大切になってくるのが「色」との関係。北側玄関に適した淡く明るい色合いで、運気を好循環させていきましょう。

北側玄関の対策⑤:こまめな湿気とりでジメジメした雰囲気を払拭

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

冷たく暗い場所には湿気が溜まりがちです。湿気でジメジメすることにより、さらに良い運気が入ってきにくくなり、悪い運気を呼び寄せてしまう可能性があります。

こまめな湿気取りや、どうしてもジメジメした空気が気になるという場合は、除湿器を使うのもおすすめです。日々のお掃除で、太陽のようにカラッとした明るさと湿度を保つようにしましょう。

北側玄関の対策⑥:靴や傘は出しっぱなしにしない

『Spicomi』より引用19.jpg
(画像=『Spicomi』より引用)

訪れる運気をしっかりと取り入れるためにも、玄関はこまめに掃除し、常に必要なものだけを出しておくような状態にしましょう。特に散らかりがちな「靴」や「傘」も、たくさん出ていると、せっかくの運気が入って来られなくなってしまうかもしれません。

「運気の通り道」として、靴は次に外出するときに必要な分だけ出しておくようにしましょう。傘も同じです。傘立てには良くない運気を防ぐ力もあります。見た目にも美しくなって、運気も人も通りやすい玄関になります。

北側玄関の対策⑦:北側玄関に置くとNGなもの、OKなもの

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

置物でも、運気の流れを変えることができます。まず、実際に行っていたとしたらやめた方が良い「NGなもの」として「ぬいぐるみ」「ドライフラワー」「剥製」「スポーツなど趣味で使う道具」です。ぬいぐるみには風水において「運気を分け合う」とされています。玄関から入ってきた良い運気も、運気が分散されて本来の力を発揮できないなどの懸念がありますので、避けた方が良いでしょう。

「ドライフラワー」や「剥製」は、風水において「陰気」を発するものと言われています。人間の体に毒になってしまうことがあるので、避けた方がベターです。また、良い運気を打ち消してしまうおそれもあります。

さらに「野球のバット」「ゴルフクラブ」など趣味に関するものを玄関に置いておくと、生活が「遊び優先」になってしまいがちです。また、玄関が散らかる原因にもなりますので、片付ける場所をきちんと作って収納するようにしましょう。