四柱推命について興味があるけど、まだよく分からない。最初から学んでみたい。という人のために四柱推命学が学べるおすすめの本を10冊紹介します。初心者向けの本から、もっと深く学びたいという方向けの本まで色々紹介しています。

四柱推命は、数ある占いの中でも的中率は抜群。それだけ、習得するのには時間がかかり、難しい学問という印象があります。それは、専門用語がたくさん出てくるうえ、解釈が難しいからです。

ですが、なかには、挫折せずに楽しく読める本や名著と呼ばれるものもたくさんあります。

四柱推命を独学したい人におすすめの本をご紹介します。

<アマゾンランキングより>

2016年6月29日の「四柱推命」の売れ筋ランキング上:から、四柱推命の良書を10冊厳選して、ご紹介します。

1:『悪魔の誕生日事典 2016 ~他人の「裏の顔」をあばく!』

真木あかり/著 宝島社 680円(税込み)

2005年に『誕生日大全』という800ページ越えの分厚い本が主婦の友社から出て、大ベストセラーになりました。いまだにジワジワと売れていることからも、誕生日占いの人気度がうかがい知れます。

さて、本書はその誕生日占いブームの文脈にあるベストセラー『悪魔の「誕生日」事典』(宝島社)の最新刊。

366日(うるう日込み)すべてについてページが均等に割り当てられているので、四柱推命のような命式計算がなく、該当するページを読むだけなのでスイスイと読み進められます。とはいえ、四柱推命などの命術理論をベースにしているので的中率は申し分ありません。四柱推命の専門書を探していたらオススメです。

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

2:『四柱推命 完全マニュアル』

浅野太志/著 総和社 1,944円(税込み)

著者の浅野太志さんは、本書のほかに『タロット占い完全マニュアル』という本も出版しており、占いに関する見識の広さを感じさせます。

構成は、プロローグ 四柱推命はどれくらい当たるのか/第1章 これだけで十分! 四柱推命の基礎知識/第2章 大自然の摂理で読むのが本当の四柱推命/第3章 命式のバランスタイプが教える性格と傾向/第4章 本格的な四柱推命の鑑定法/第5章 人の一生の運勢が手に取るように分かる/第6章 古典的四柱推命との決別/第7章 十種類の十干が織りなす自然哲学/第8章 人生を豊かにする為の四柱推命/第9章 鑑定の実例 となっており、独学には必要十分の内容。

生年月日から命式表を作り、吉凶を読み解くまでのひと通りの鑑定ができるようになります。正統派の流れをくんだ鑑定方法に加え、南半球生まれの人の運の流れ、双子(同じ誕生日)の運の違いなど、読者独自の観点を盛り込んでおり、新説も多く、中~上級者が読んでも新しい発見がありそうです。

※正誤表が著者ページで公開されているのでこれを対照しながら学習してください。

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

3:『動物キャラナビ〔お仕事編〕』

弦本將裕/著 集英社 1,620円(税込み)

著者の弦本將裕さんは個性心理學という学問を開発し、それをわかりやすい動物のマスコットにあてはめました。それが、かの有名な動物占い。社会現象にもなりました。本書は動物占いをお仕事に活かす方法を主眼にまとめられたものです。

動物占いは、四柱推命のなかでも「十二運」という要素を抜き出した占い方法です。十二運とは、人の性格を12通りに分類するものですが、専門的にいうと「生まれ日の十二支の強弱を日干との対比で表したもの」となります。

十二運はその人の性格は適性をズバリ知らせてくれる要素で、たかが12通りですが、実際に身の周りの人を観察するとその通りになっているので、興味深いものです。とはいえ、十二運だけでは四柱推命を体系的に学習できないので、初歩の初歩として選ぶはじめの1冊には最適でしょう。

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

4:『怖いほど運が向いてくる! 四柱推命』

水晶玉子/著 青春出版社 1,296円(税込み)

四柱推命の中でも、10年ごとに変わりゆく「大運」を知るには本書が最適。

占い師が手元に置くような専門書ではなく、一般の占いファンが読み物として楽しめるレベルのライトな内容ながら、わかりやすい文章で書かれているので頭に入りやすいという利点があります。

本書を読みながら、自分の命式をノートに書き出し、読み解いていくうちに四柱推命のひと通りの読み解きができるようになります。10年ごとに変わりゆく大運は、人の運命の骨子となる部分。いま自分がどのような大運にいるかを知っておけば、トラブルに見舞われたときの対処方法やチャンスのつかみかたがわかるようになります。

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

5:『完全独習版 子平推命』

小山眞樹代/著 説話社 6,048円(税込み)

子平は「しへい」と読みます。日本で一般的な四柱推命の原型となった、中国の占術のことです。子平推命と四柱推命はよく似ていますが、命式の作り方から読み解き方法まで微妙に違っています。本書は本場中国の四柱推命への入門書という:置づけです。

とはいえ、6,048円と高価格のため初心者にはオーバースペックです。それでも、プロの占い師や研究者の間でジワジワと売れ続け、2010年の出版からいまに至るまで息の長いロングセラーとして広く知られるようになりました。

内容はかなりハードなうえ流派的にもマイナーなので、初心者が四柱推命を勉強するための最初の一冊としてはおすすめできません。一般的な流派(泰山流)をマスターしてから本書にとりかかるのがおすすめです。ただし、中級~上級者にとっては一生座右に置ける書となるはずです。

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)