性格や運勢だけでなく、引っ越しや旅行、買い物など、日常生活の中で「アクション」を起こすことによって運勢を自分で好転させることができるのが、九星占術です。今回は、その基礎を解説いたしますので、是非、自分の開運方法を見つけてみてください。


占いというと、ものごとの吉凶や性格を知るもの、何かを当てるものですが、九星占術はそれにとどまりません。

性格や運勢などはもちろんわかるのですが、引っ越しや旅行、買い物など、日常生活の中で「アクション」を起こすことによって運勢を自分で好転させることができるのです。

ここでは九星占術の基礎を学んで、開運方法を知りましょう!

九星占術の基礎知識

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

九星占術は、中国4000年の歴史が育んだ占いです。占いとひと言で言っても、西洋占星術やタロット占い、姓名判断など、世の中にはさまざまな占いがあります。ですが、九星占術以外の占いはすべて、自分の性格や運命の傾向を知るためだけのものです。

それを知り、不平・不満を感じたとしても甘んじて受け入れるしかないのでしょうか? 「あの人は生まれつき運がいい」、「私は何かとついていない」などとよく言いますが、運は生まれつき決まっていて、運のよい・悪いは一生変わらないのでしょうか?

九星占術の特徴

九星占術は、性格や運命が知れるだけでなく、「その人にとって、そのときどきの吉方位を知って、その吉方位へ動くことでよいエネルギーを体内に取り入れる」ことで運命に働きかけることができます。

こういうことから、ほかの占いよりも群を抜いて人気があります。そのため、「自分は運が悪い」とあきらめることなく、自分が動くことで願いを叶えたり、悩みを解消することができるのです。

日本は世界有数の長寿国となりました。長い人生ですから、自分の心がけ次第で運が切り開いていけるならば、それを使わないテはありません。九星占術を使えば、運に恵まれなかった人も、よい方位に動いたり、よい方位で買い物や旅行などの日常行動をすることで運気が飛躍的に向上します。また、九星占術にもとづき、何かにつけてよい方位を選ぶ習慣をつけることにより、幸運やよい出会いを引き寄せるだけでなく、大きな災いを避けられたり、避けられなかったにしても小さな災いで済ませられるようになるのです。

ただし、自己流の方位の取り方だと、本当は自分にとって凶の方位に出かけてしまうといったミスが起こりかねません。方位の力は、私たちが思う以上に強力なので、信頼できる著者・監修者が手掛けた本を読む、九星占術が得意な占い師に相談するなどして、「本当に正しい吉方位に、正しいタイミングで出かけるようにしましょう。

九星占術・自分の運命を決める「本命星」の計算方法3つ

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

九星占術を使って吉方位を知り、運を開いていく第一歩は、「自分の本命星を知る」ということです。本命星とは、生まれ年から導き出される9パターンの星のこと。星といっても、空の星ではなく、運命を決めるエネルギーのようなものです。その人が生まれた年に、9パターンの星のうち、どの星がその人の運命を決めることになっているか(その星を本命星といいます)をまず知ることがスタートです。

本命星を出す方法はいくつかありますので、代表的なものをご紹介します。早見表があれば一発でわかるのですが、手元に何もないときでも簡単な計算式で出すこともできるのでこの機会に覚えましょう。ただし、以下のポイントだけは3つの方法すべてに当てはまりますので要注意です。

3つの方法すべてに当てはまるポイント

※誕生日が1月1日~2月3日ごろ(立春の前日)の方は、前年の本命星となります。

例)昭和52年6月23日生まれの人は、五黄土星となります。

例)昭和52年1月18日生まれの人は、六白金星となります(※立春より前の誕生日のため)

1.早見表で出す

昭和21年、昭和30年、昭和39年、昭和48年、昭和57年、平成3年、平成12年、平成21年……九紫火星

昭和22年、昭和31年、昭和40年、昭和49年、昭和58年、平成4年、平成13年、平成22年……八白土星

昭和23年、昭和32年、昭和41年、昭和50年、昭和59年、平成5年、平成14年、平成23年……七赤金星

昭和24年、昭和33年、昭和42年、昭和51年、昭和60年、平成6年、平成15年、平成24年……六白金星

昭和25年、昭和34年、昭和43年、昭和52年、昭和61年、平成7年、平成16年、平成25年……五黄土星

昭和26年、昭和35年、昭和44年、昭和53年、昭和62年、平成8年、平成17年、平成26年……四緑土星

昭和27年、昭和36年、昭和45年、昭和54年、昭和63年、平成9年、平成18年、平成27年……三碧木星

昭和28年、昭和37年、昭和46年、昭和55年、平成1年、平成10年、平成19年、平成28年……二黒土星

昭和29年、昭和38年、昭和47年、昭和56年、平成2年、平成11年、平成20年、平成29年……一白水星

2.簡単な計算式で出す

①生まれた年の西暦4ケタの数字を4つの数字にバラす。

②それぞれの数字を足す。10以上になる場合は10ケタの数字+1ケタの数字を足して1ケタにする。

③11から②の数字を引く。

<例>
1975年生まれなら、

1+9+7+5=22
2+2=4
11-4=7
7→七赤金星 となります。

3.計算サイトで出す

「生活や実務に役立つ高精度計算サイト CASIO」内に、 「九星盤計算」というページがあります。ここに生年月日を入れるだけで一発でわかります。スマホでも使えるので、出先で人の本命星を調べるのにも便利ですよ。