人はコミュニケーションを取り、他者を受け入れて生きていきます。そのためには、人を受け入れる前にまず自分のことを知り、ブレナイ心を持つことが大切です。人と違うことを恐れずに一人一人の個性として受け入れていくことができるものがカラーセラピーです。そんなカラーセラピーの資格の種類と取得方法をご紹介いたします。


私たちの日常は色に囲まれ、色の中で生活をしています。体も色で出来ていますよね。肌の色、髪の毛の色、血の色など、色は自然に存在していて心理にも影響されます。視覚からの色の情報を脳で受け取り心理的機能や生理的機能に反応します。

人が取り入れる情報の87%は色だということを知っていますか? 例えばトイレの男女のマークより色で判断して間違えた経験を良く聞きます。赤は女性用トイレで黒が男性用トイレという認識の中、同じ色のトイレの色に迷ったという話も聞きます。

この様に人は無意識に色で判断し体の反応と、こころの反応があり、そこから生まれたのが色彩心理のカラーセラピーです。カラーセラピーの種類やセラピストとして活動してくための資格取得方法などをまとめてみました!

そもそもカラーセラピーって何?

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

セラピーとは、手術や投薬を行わない「治療」「治癒術」のことを言います。 カラーセラピーとは「色彩療法」のことであり、心身のバランスを取ることを目的とした療法で選ぶ色から潜在意識を読み解いていくものす。

誰にでも悩みがあり、深刻度も違うもの。自分の悩みを色から客観的に見ていくことができるので、年齢性別を問わず自身に向き合うことができるひとつのツールがカラーセラピーです。

「悩みを聞きます。どうぞ!」と言われても話せないものですよね。それがカラーセラピーで自身の選んだ色を目の前にするだけで、心に詰まっていたことがポンポンでてくるのもカラーセラピーの特徴です。

カラーセラピーを受けるとどうなるの?

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

生きることは、必ず悩みが付いて回りますよね。恋愛、夫婦間の問題、子どものこと、友人や親戚、職場やお金など、大体人間関係で悩むことが多いです。

煩わしい人間関係も問題が解決すると、とってもスッキリしますよね。悩んでいる時は解決の糸口が見えてこなくて苦しむこともあります。カラーセラピーは色からのメッセージを受け取るシステムです。

また、選んだ色からのメッセージは決して無理強いしません。選択するのは自由なのです。自身の内側にある本来の答えを導きだし、気づきを与えくれることをサポートしてくれます。

色と心理の関係

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

赤を見ると暑くて、青を見ると涼しいと感じたことはありませんか?

赤い部屋と青の部屋とでは体感温度が3℃も違うのですよ。夏の暑いときに真っ赤なソファーに座りたいと思わないですものね。

また、色はその人の心理を表すものです。例えば、黒い洋服ばかり身につけている人は心を閉ざしていると聞いたことはありませんか?黒は私を見ないでほしいという意味が込められています。

色の意味を知ることで、自身をコントロールすることもできます。例えば、やる気の出ない時や元気のない時は赤を身につけるだけで、やる気が出ます。また暴飲暴食をしてしまう人は青に囲まれていると、食べ過ぎずに冷静になることができると言われています。色は心理に働きかける魔法のようなものですよね。

色と体の関係

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

選ぶ色に驚かされることもあるのですよ。気になる色は体の不調と関わりがあることもあります。例えば無償にイエローが気になる人もいます。しかしイエローの持つ意味にピンとこない人もいます。

そんな時は体の部位である胃の部分の不調と関わりがあり、胃潰瘍になった人や胃痛で薬を飲んでいた人などもイエローが気になったりするのですよ。

また、ピンクばかり選ぶ人がピンクの意味にピンと来なくて体の部位である子宮の意味を伝えて婦人科に行ったところ、軽度の子宮癌だった人もいます。

色は心理だけでなく体にも関係しているので、不調に気づき予防する人います。もちろん断言するものではないので、色の意味を聞き自身に問いかけることが必要です。

カラーセラピーを受けて変わっていくこと

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

「エネルギーは思考に従う」という言葉があります。思考(考えること)に全力でエネルギー(体を動かす)を使うということです。ポジティブな思考かネガティブな思考を持つのか?その後を大きく左右するのですよ。

カラーセラピーを受けてまず大きく変わっていくことは内観する癖がついてきます。

日常の中で人と比べることや、何が正しいのか外へ意識していることってありますよね。カラーセラピーを受けるようになって必ず変わることは自身を知ることから始まります。自分自身を深く知り内観することで、素直になり自信がついてきます。色を知ることでメンタル管理をすることができるようになります。潜在意識は正直ですから、笑顔が増えてきますよ。

そこで、多数あるカラーセラピーの中からカラーセラピストとして活動するための講座をまとめました。