スピリチュアルケアとは、その人らしく生き、人生の質を高めるために重要なことです。医療現場で使われる「スピリチュアルケア」をすることで、人間として何が大切か、考えるきっかけになります。今回は、そんなスピリチュアルケアについてご紹介いたします。


「スピリチュアル」と聞くと、パワーストーンのような石のことや天使と交信できるとか、人には見えない何かが見えることや何かが聴こえることなど、人生や恋愛の悩みにアドバイスできるような不思議なチカラのことを思い浮かべる人が多いかと思います。

本来のスピリチュアルとは人間の霊性、神性のことを指し、「精神的な」「聖霊の」「霊的な」といった意味の英単語です。

その「スピリチュアル」のケアをする「スピリチュアルケア」とはどのようなものなのでしょうか。

一般的な「スピリチュアル」とは違い、医療現場で使われる「スピリチュアルケア」と向き合うことは、人間としての大切な何かを考えることになるでしょう。今回はそんなスピリチュアルケアについてお伝えします。

スピリチュアルとは

spi102721.jpg
(画像=『Spicomi』より引用)

一昔前は「スピリチュアル」というと、ある種の偏見に満ちた目で見られていたように感じます。スピリチュアルなことに接している人のことを、どこかオカルトのように捉えられ、気味の悪いものだったり、接する時に変わり者のように扱われたりしたかもしれません。

しかし、この数年で以前に比べ、多くの人に「スピリチュアル」が受け入れられるようになったことと思います。

それは恐らく、これまで「世迷いごと」として、ないことのように扱われていた、科学的では証明できないことが、私たちの存在するこの世界には、沢山あるということに多くの人が気付き始めたからでしょう。

遥か遠い時代、現在「スピリチュアル」と呼ばれるものは、「どこかの見えない世界」「特定の人しか触れられない世界」ではなく、常にあらゆる人の「傍らにある日常」だったように思うのです。

なぜ、古の人々にとって「スピリチュアル」は特別ではなく、日常であったのか・・・。それは、自然を敬うことを忘れず、自然と共存していたからではないかと思うのです。

「自然」というと、多くの人が緑豊かな森や山、美しい川や海、様々な動物たちを想像するかと思います。しかし、それらだけではなく、「自然」というものの中には、私達人間も含まれているのです。美しい自然を尊ぶと同時に、自分の隣にいる人にも敬意を払い、慈愛と感謝の心を持つ・・・そのような精神性が、「スピリチュアル」の本質であると思うのです。

スピリチュアルケアとは

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

スピリチュアルケアとは、人生においての様々な物事や事柄に対して、感謝すべき価値を見出せるように導くことです。

対象の人にとっての生きがいを持てるように促すことや、そういった人生観を持つことによって、その人の魂の健やかさを守ることや保つことを目的としています。対象となる人が自分自身の力によって、心の自己治癒力や心の免疫力を高めていくよう導くことであると言われています。

人間を形づくる三要素と言われている、Body、Mind、Spiritですが、このSpiritとは、生命の根源と考えられており、私たち人間の存在を根底から支えるものとされています。

つまり、Spiritは人間というものを考える際に無視することができない、目に見えることはなくても、その人の生きる意味や生きる目的に関して、とても重要な要素だと考えられます。

特に、人は人生の終末に、他者との和解や他者や自分を許すこと、自分自身も含めた様々な価値観等と向き合うことが多く、その答えの一つとしてスピリチュアルケアが有効とされています。

「自分への許し」に関しては、特に日本人は苦手とする人が多いのではないでしょうか。日本人はどこか因果応報的な考えが根付いていて、病気や痛みは過去の行いの結果であると考える傾向があり、そのことによって、「病気になったのは自分のせいだ。」とか、「このような苦しい状態になったのは自分が悪かったからだ。」と自分を責めてしまいがちです。

そうすることで、どんどん苦しみの渦から抜け出すことが出来ず、事態は深刻化してしまいます。

スピリチュアルケアはそうした苦しみから、対象者を解放し、自ら生きる喜びを見出すことができるようになることから、「魂のケア」や「霊的ケア」とも呼ばれ、身体的なケア、精神的なケア、心理的なケアに勝るとも言われる、人間に対しての究極的なケアとされています。

スピリチュアルとスピリチュアルケアの違い

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

先にお伝えした通り、「スピリチュアル」と「スピリチュアルケア」は全く別のものになります。 スピリチュアルケアは医療のテーマの一つとなっており、死期が目前に迫った人の魂に寄り添うケアです。死期が迫った人たちへのカウンセリングやヒーリングの意味合いもあります。

死期が近い人たちは、痛みなどの身体や不安などの心の苦しみだけではなく、その胸には様々な思いが押し寄せます。

「こんなことで死に迫られるなど、自分の人生とは何だったのだろうか?」、「なぜ自分はこんな目に遭い、死んでいかなければならないのだろうか?」、「自分は死んだら一体どうなるのだろうか?」というような、これまでの人生では考えてこなかったような、そして、答えを得るのが難しいような魂の苦しみ、魂の痛みを自覚するようになります。

そのような痛みは「スピリチュアルペイン」と言われ、この痛みに対応するケアがスピリチュアルケアなのです。