「いつのまにかつぶやきすら大声になってしまった」というCMがある。

Twitter、フェイスブック、インスタグラム…ソーシャルネットワークサービス(SNS)を利用している人が多い。疲れやウザさを覚えている人も多いように見える。取り憑かれたように一日中眺めている人も珍しくない。ツールは人生を便利にするためのもの。ツールに人生を乗っ取られるのは、本末転倒だ。

一時期の僕もヤバかった。Twitterのタイムラインが気になって、退屈な会議中や食事中にタイムラインをチェックしていた。風邪をひいて一日ダウンして復帰したとき「あ、この人たち、僕がいなくても変わらないのだな」と気づいて、Twitter廃人への道から降りられた。

それでも、ついついSNSを眺めてしまっているときがある。僕は、SNSに消耗して人生をムダにしないために、二つのペルソナを使い分けることで、SNSと適正な距離を保っている。今日はそのお話をさせていただきたい。
 

なぜ気になるのか、どうしてやめられないのか。

「SNSが気になる」「ヤメられない」という状態に陥るのはなぜか。それは「世界から置いていかれるのが怖い」という心理が働くからだ。過度に孤独を恐れているともいえる。Twitterを例にすると、タイムラインは世界や世の中であり、その世界から離れてしまうことに孤独を覚え、不安になり、離れられなくなる、ということ。

確かにタイムラインは猛スピードで流れている。そこから取り残されてしまうと不安になる。わかる。だが、冷静に考えてみよう。そもそもタイムラインは世界や世の中なのか。その認識自体がおかしいのではないかと。

結論からいってしまうと、あなたが毎日気になって眺めてしまっているタイムラインは世界や世の中ではない。別物。あなたのタイムラインは、あなたが作り出した、あなたの願望や希望が生み出した、あなたにとって都合のいい世界である。

実際、ほとんどの人はアカウントを取得すると、友達、好きな芸能人・レイヤー、お世話になっているセクシー女優、政治信条に共感している政治家等々をフォローしているはずだ。趣味趣向を反映させてタイムラインを構築している。

「そんなことはない。私は自分にとって都合の悪い意見を吐く人や、思想の異なる人をフォローしている」という反論もあるかと思う。だが、そうおっしゃる方も、自分の好きな人や考えのあう人もフォローしているし、都合の悪い意見や異なる意見も、自分のフィルターを通じて選択している。それは自分の都合にあった作り物の世界だ。僕らを取り巻く現実の世界や世の中は、僕らの都合や希望とは無関係に存在しているはずだ。
 

タイムラインは世の中そのものではない。

Twitterを眺めていると、週に数回くらいの頻度で、「世間の大半はこのような意見が占めているのに、なぜ世の中は変わらないのだ」というつぶやきが流れてきて「きっつー。この人大丈夫かな」と心配になる。このような呟きは、ご自身の眺めているタイムラインが世の中そのものだと思い込んでいるから生まれる。くりかえすが、タイムラインは自分にとって都合のいい偽りの世界だ。その視点が完全に欠けているので、大失敗をやらかしてしまうのではないか、と心配になってしまうのだ。

タイムラインは世界や世の中そのものではない。ぬるま湯の世界だ。だからこそ、僕らは居心地をおぼえ、愛着を感じ、そこから離れるのが恐ろしくなる。気になって仕方なくなる。やめられなくなり、嫌われたくない、と考えるようになる。たとえば学校や会社での人間関係の悩みや仕事の愚痴などをタイムラインにつぶやくと、「いいね!」と付けてくれたり、「大丈夫だよ」と慰めレスをしてくれたり、御親切な人は自身の経験から文字数を超過したアドバイスをレスしてくれたりする。

そのとき僕らはどう感じるだろうか。特別ウザいものでなければ「ありがたい」と感謝の気持ちを持つのが一般的であろう。また、僕には一切ないが、タイムラインに悩みや愚痴を見つけたら「いいね!」をつける人もいる。このような経験をしていくうちに自分で作り上げた自分に都合のいいタイムラインに対する愛着が深まっていくのは不思議ではない。そして、そんないい思いから離れられなくなる。

もちろん、意味不明の罵声を浴びせてくる人、イヤな奴もタイムラインにあらわれる。だが、そういったノイズはワンクリックでシャットアウトできてしまう。もし、現実の世界でギャーギャー騒ぎ立てる迷惑隣人に遭遇してもワンクリックではシャットアウトできない。このように現実とは違う自分に都合のいい偽りの楽チン世界なのだ。人間は居心地のいい場所、気持ちいい時間から自分の意志で離れるのは難しい。僕が結婚してからも、毎晩、エロ動画を見るのをやめられないのと同じように。
 

完全にヤメられる人は、もともとハマらない人。

SNS疲れから脱出したいなら、この居心地の良さと距離を取らなければならない。そんなことが出来るのだろうか。今、この瞬間からヤメられる、もともとSNSにハマらないタイプは別として、それ以外の人は居心地の良さをなかなか捨てられない。僕はTwitterを2007年から眺めている。何人もヤメる人を見てきた。彼らのほとんどは、同名のまま、あるいは別名でカムバックしている。なかには居心地の良さが忘れられなく戻ってくる人も多いのではないか。

SNSの使い方を限定する人もいる。実は僕もこのパターンである。出勤や退勤の通勤時間だけTwitterを見る。起床後と就寝前のそれぞれ30分だけフェイスブックのアプリを開く。このやり方は、有効であるけれども、結局のところSNSに執着している状態に変わらないので、根本的な解決にはならない。