カイヤナイトの繊細な美しい藍色は、どこか崇高でロマンチックです。宇宙的な規模で覚醒を促す石で、自己を高めて、高次元存在からのインスピレーションを受けたい人にお勧めです。そんなカイヤナイトの意味・効果・浄化方法・見分け方をご紹介いたします。

美しい宮沢賢治の世界を、その夜を思わせる、藍色。 カイヤナイトの人気は、寒色系の色の石を好む人々の間では不動のものです。

どこか現実離れしたような、澄んだ色は瞬く間に、持ち主をカイヤナイトの世界観に引き込みます。

自分の世界観こそを、ガッチリかためるのに有用な石と言われていますが、カイヤナイトの映し出す世界から己の世界観を映し出し、確立していくような、そんな石なのかもしれません。

カイヤナイトとは

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

カイヤナイトの和名は、藍晶石といいます。

カイヤナイトにふさわしい美しい和名です。

しかし、その色は藍色に留まらず藍色の他にも、緑色・黄色・灰色とバリエーションがあります。カイヤナイトの主成分は、珪酸アルミニウムと石英になります。

よって、結晶は柱状であったり刃状です。結晶は細いフレークが幾重にも重なっている束のように見えます。似た石にシリマライトやアンダリューサイトがあります。科学組織はまったく一緒の石なので、同じ遺伝子をもった兄弟のような石と言えます。

しかし、結晶や見た目が異なるため、同じ石ではありません。硬度は、4.5~7とバラつきがあります。結晶のどの部分を加工するかによって、硬度が変化するためです。硬い部分では水晶程度の強さがあり、少しのことくらいでは破損しませんが、柔らかい部分では、取り扱いに注意しないと崩れてしまいます。

産出地も広がりがあり、インド・ブラジル・アメリカ・スイスなどで採掘されます。近年ではネパールでも上質のカイヤナイトが採掘されました。サファイアのように青いものです。しかもサファイアと同じく、芯の方が薄く外側が青い発色だったことで話題を集めました。

じつは、サファイアとカイヤナイトも非常に似た組織を持つ石なのです。珪酸アルミニウムが石英と一緒になることでカイヤナイトになりますが、石英が加わらない状態であれば、ほかの要素も加わることでサファイアになったかもしれないのです。

親戚のような石であるので、ネパールで採掘されたカイヤナイトは、サファイアに極めて近い成分が内在したカイヤナイトなのでしょう。

カイヤナイトの意味

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

カイヤナイトの意味は、多次元宇宙的です。それはカイヤナイトの形状が、細いフレークが束になって重なって見えることに関係しています。あたかも、何かのワイヤー装置のように見えることから、多次元宇宙の真理を内包しているというように感じる人が多いのです。

実際、カイヤナイトは高次元と波長を合わせて通信するという、大天使ガブリエル的な意味のある石だとされています。カイヤナイトを通じて、高次元世界との通信を試みるヒーラーもいます。この地上から霊天上界そして最終的には宇宙へと高波動を求めて、伸びて行く魂のサポートをしてくれる石です。

狭い世界の中に縮こまり、本来の霊性を失いがちな人々に、世界は今いる場所に留まらず、最高に広がり最高に伸びていけると教えてくれるのです。

宝石質に磨かれたカイヤナイトよりも、筋目の残る天然石としてのカイヤナイトや原石のカイヤナイトにその力は多く含まれます。

装飾品として持つのではなく、意味のある使い方にカイヤナイトを利用したいときには、原始の息吹を感じる原石や、それに近い加工があまりなされる前のカイヤナイトをおすすめします。

カイヤナイトの石言葉

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

カイヤナイトの石言葉は、「インスピレーションの精度を上げる」「困難の原因を知る」「知性に裏打ちされた探究心」「自立を促す」「やり遂げる思いの強化」などです。

インスピレーションの精度を上げるというのは、すなわち高次元からのメッセージを正確に受け取れる基盤を作るということです。この世は乱雑な情報に左右されています。

例えこの世ならざる者からのインスピレーションだったとしても、そこに高低差が生じます。低いところから流れてくるインスピレーションに同化すると、人間性が停滞してしまいます。

カイヤナイトは、高次元からのインスピレーションを持ち主に与えてくれますので、人生行路に間違いと停滞が生じにくくなる利点があります。また、カイヤナイトは好奇心旺盛な石なので新しいものが大好きです。

持ち主の好奇心を刺激して、探究心を持たせてくれたり、なにか大きなことをやり遂げる際の勇気を与えてくれるのです。

そして、直面した困難の原因を教えてくれます。これらの石言葉をみれば、いかにカイヤナイトが理知的であり霊的であるかわかると思います。自分という個体をレベルアップさせたいときに持ちたい石ですね。