様々な色の種類があるオーソクレースは、長石グループの長ともいわれており、神秘的で不思議な印象の石です。持ち主の潜在意識を高めたり、忍耐強く面倒なことにも耐えられる力を与えてくれます。そして、持ち主の新しい道を切り拓く助けをしてくれます。そんなオーソクレースの意味・効果・浄化方法・見分け方をご紹介いたします。

オーソクレースと聞いても想像すらできない石ではないかと思います。もちろん鉱物好きや、天然石好きにとっては既に知っている、或いは持っている石のひとつかもしれません。

オーソクレースは、色も一定ではないので、多様な色のものが存在しています。それぞれが思い描くオーソクレースに明らかな違いがあるのはそのためです。なんとなく存在があやふやな印象ですが、実際は長石グループの長とも言うべき石です。

オーソクレースとは

『Spicomi』より引用pg
(画像=『Spicomi』より引用)

オーソクレースとは多くの人が知るムーンストーンの親玉のような石と思ってください。正長石といって、ムーンストーンもこのオーソクレースの主成分を内包した石です。ほぼ同じ成分だと思ってくれて構いません。

ムーンストーンがそうであるようにオーソクレースもまた、多様な色を持ちます。透明なものからミルクのような白色、月の光の如き黄色、クールな輝きを有する灰色、青い月のような淡青色、明るい橙色、妖しくて艶やかな赤色、個性的な褐色、春の月夜を連想させる淡緑色と、様々です。

もともとムーンストーンはオーソクレースの主成分であるアルバイト成分を含んでいますので、遠い昔はオーソクレースもムーンストーンと呼ばれていました。語源は、ギリシャ語で垂直に割れるという意味からきています。

その名のとおり、一定の方向にスパッと割れやすい石です。硬度も6~6.5と割れやすい石と言えるでしょう。取り扱いには気をつけて欲しいと思います。

オーソクレースの意味

オーソクレースは長石グループに属します。長石のグループは二つに分けられます。ひとつは、サンストーンやラブラとライトが属する斜長石と、もうひとつはアマゾナイトやムーンストーンが属するカリ長石です、オーソクレースはこのカリ長石のグループに属します。

性質的にもムーンストーンに似ていますので、意味合いもムーンストーンと同様に、癒し系です。そしてムーンストーン以上に強い忍耐力と、不屈の精神を持つとされています。

意味としてはムーンストーンの意味と効果を兼ね備えながら、更に泥臭いまでに苦渋の中でも忍耐し、最後には希望を成就させるという意味が濃くなります。

今の時代は悟り世代に代表されるように、我武者羅になにかを成し遂げたいという気概に乏しいところがあります。賛否両論ではありますが、日本の高度成長期を支えた、団塊の世代の不屈な意志と努力というものにオーソクレースは重なります。

時代の閉塞感を打開したいとい人に、オーソクレースはより大きな加護を与えるのかもしれませんね。

オーソクレースの石言葉

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

オーソクレースの石言葉は、「直感力を研ぎ澄ます」「問題解決能力を高める」「怒りの心を手放す」などがあります。

直感力に関してはムーンストーンのように予知能力めいたものを発揮します。しかし、少し違うのは、オーソクレースが良い意味で、ムーンストーンよりも洗練されていないということです。

どこか原始的な匂いのする、そんな雰囲気があります。問題解決能力を高めてくれるというのも、有難いですね。サラッとした草食系の人の中には、問題から逃げてしまう人もいます。逃げていても、なんの解決にもならないと分かっていてもです。

石言葉の示すように、自ら動いて耐えるところは耐えて、解決に導く術をオーソクレースは教えてくれる石です。また怒りの心を手放すという石言葉にもあるように、長石グループの中でもカリ長石の特徴、沈思黙考という言葉がピッタリくるのです。怒りを感じやすい人にプレゼントすれば、態度の変化に驚くことになるかもしれません。