九星方位で自分にとっての吉方位を知ることで、引っ越しや旅行などをきっかけにして、悩みや問題を解消することができます。具体的な行動をすることで、「自分を変えたい」「開運したい」と望む人にはお勧めです。今回は、開運の九星方位学の基本解説をいたします。


「運がいい」、「運が悪い」などといいますが、そもそも「運」とはなんでしょう?

その答えは一つではありません。運とは、生まれたときの気のエネルギーが決める「先天運」と、住む場所や日々の行動や習慣など、さまざまな要因がつくりだす「後天運」の二つから成るものです。

「数ある占いの中で九星方位学は優れている」といわれるのは、自分にとっての吉方位への引っ越しや旅行をすることで運を変えて、悩みや問題を解消することができるからです。そんな九星方位学をみなさまにお教えいたします。

運は変えられる!

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

人がこの世に生まれ、「オギャア」と呼吸をはじめた瞬間、そのときの大気のエネルギーが体の中に宿ります。「オギャア」といってはじめて体内に取り入れた空気のことを、占い用語で「保気(ほき)」といいます。保気(最初の呼吸で取り入れたエネルギー)は、その人の運命を決定づけます。

また、ここからその人の人生がはじまるわけですが、生まれた国や地域、家庭の貧富、性別などは自分の意志では選べません。生まれたときからさまざまな差違や不平等があることになりますが、これが一生変えられない「先天運」です。

このように、生まれもっている運は人それぞれで、家族でもきょうだいでも違いますが、生まれ落ちてからの運(後天運)は自分の行動次第で変えることができるのです。そのためには、自分の性格や性質のいいところを伸ばし、悪いところをなるべくなくすように心がければいいのです。自分がもって生まれた性格や運命は、自分が生まれたときの星が教えてくれます。これを、「本命星」と呼びます。

本命星の出し方

本命星には9パターンがあります。以下で生まれた年を探してください。これが、一生変わらないあなたの本命星となります。生まれた年のエネルギーは、その人の性格や行動に反映されますが、本命星自体に吉凶はありません。ただ、吉方位を出すためのベースとなるので、覚えておいてください。

昭和21年、昭和30年、昭和39年、昭和48年、昭和57年、平成3年、平成12年、平成21年……九紫火星

昭和22年、昭和31年、昭和40年、昭和49年、昭和58年、平成4年、平成13年、平成22年……八白土星

昭和23年、昭和32年、昭和41年、昭和50年、昭和59年、平成5年、平成14年、平成23年……七赤金星

昭和24年、昭和33年、昭和42年、昭和51年、昭和60年、平成6年、平成15年、平成24年……六白金星

昭和25年、昭和34年、昭和43年、昭和52年、昭和61年、平成7年、平成16年、平成25年……五黄土星

昭和26年、昭和35年、昭和44年、昭和53年、昭和62年、平成8年、平成17年、平成26年……四緑土星

昭和27年、昭和36年、昭和45年、昭和54年、昭和63年、平成9年、平成18年、平成27年……三碧木星

昭和28年、昭和37年、昭和46年、昭和55年、平成1年、平成10年、平成19年、平成28年……二黒土星

昭和29年、昭和38年、昭和47年、昭和56年、平成2年、平成11年、平成20年、平成29年……一白水星

※誕生日が1月1日~2月3日ごろ(立春の前日)の方は、前年の本命星となります。

※最近はスマホアプリなどでも本命星がわかるものがあります。

九星方位学は「動く運命学」

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

生まれた瞬間に本命星が決まり、先天運が人生のアウトラインをつくりますが、それに沿って具体的な人生の流れをつくるのが後天運です。先天運は変えられませんが、後天運は変えられます。世の中にはさまざまな占いがあり、占いの多くは、「当てもの」的な要素があります。

また、どの占いでも自分の運命や性格、ものごとの吉凶まではわかりますが、よからぬ結果が出ても、それを変えて明るい未来をつくる方法までは教えてくれません。いい結果に喜び、悪い結果に恐怖するだけでは役に立つ占いとはいえません。その点、九星方位学では、生まれもった運命に対して“働きかけ”をして、人生を好転させる方法を教えてくれます。

ここで述べた運命に対する“働きかけ”とは、自分の本命星にとってベストの“「吉方位」へ動く”ことです。ただ運命や性格を読み取って当てるだけではなく、弱点や悩みを解決してくれるエネルギーが発生する方位=吉方位へ動くことで、よい運気を取り入れることができるのです。

彼氏がほしい、離婚を有利に進めたい、就職がうまくいくように……など、人間の人生には悩みや欲望がつきものです。そうしたことを応援してくれるエネルギーは、吉方位にでかけることで体内に取り入れることができるのです。家の中で不運を嘆いて引きこもってばかりで、自分から動かなければ何もはじまらないし、何も変わりません。ですが、悩みを解消したい、自分を変えたいと思って動けば、そこから運命は動きはじめます。自分にとってもっともよいエネルギーと出会える方位に、ベストのタイミングで出かければ、新しいものや人との出会いがあり、その出会いにより運命は確実に変わっていきます。

「動く」というのは、引っ越し、旅行、徒歩での移動などです。そういうタイミングで、方位エネルギーを利用して自分の運を変えていくのが九星方位学の基本です。方位とは自然の姿を写し取ったもので、そこにはこの世のすべての事象が隠されているとされています。決められた運命通りに生きるだけでなく、自分の意志で積極的に動くことで開運できることを教えるのが、九星方位学なのです。それは、数千年という長い歴史が証明する事実で、怪しいスピリチュアルでもオカルトでも、迷信でもありません。