普段の生活の中で、特別に「気」を意識することはあまりないかもしれませんが、すべて大きな「天の気」の影響を受けて存在しています。気を正しく読み取って行動し、幸せに生きる指針にしましょう。今回は、生年月日で占う今日の運勢[四柱推命]をご紹介いたします。

四柱推命などの運命学では、「生まれた瞬間に、その人の性格と人生で起きることが決定する」としています。同じ東洋で生まれた算命学(さんめいがく)、宿曜占星術(しゅくようせんせいじゅつ)なども同じような考え方に基づいています。

四柱推命では「生年月日」からさまざまな情報を読み取り、一生の中で起きることを予測することができます。

これらを活かせば、自分という人間に、どのような影響が起こるかということが予測できるようになります。これが四柱推命占いの基本となる考え方です。

四柱推命ってどんなもの?

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

この世界には、さまざまなエネルギーが満ちています。そして、一瞬も休むことなく、絶え間なく、一定の法則にのっとって流転しています。このエネルギーが「気」と呼ばれるものです。四柱推命は「気」をベースに、人生や運気というものを科学的に知るために発達した学問です。

人のはじまりは誕生です。お母さんのお腹の中で芽生えた命が成長し、「オギャア」といってこの世に生まれ、肺の中から羊水を吐き出して肺呼吸をしはじめるときがその人の人生のスタート。この瞬間から、その人は自然の摂理とかかわり合いながら人生を歩きはじめることになります。

人間は自然の一部である以上、身体の特徴や感情、運命などは、生活習慣や社会などの外的環境による影響もありますが、基本的には天の運行や自然の摂理の影響を受けることになります。

生年月日には情報が詰まっている

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

このことから、四柱推命では生まれた瞬間、つまり生年月日を重要視します。生まれた瞬間にどのような大気のエネルギーだったか、という情報から、その人が天地自然の摂理の中でどのように生きるか、生きるべきかがわかります。

これは単なる迷信や俗信の域にとどまりません。人の将来に起きることをおおまかに予知できるという意味で“当たる占い”としては群を抜いています。