新しい年の開運を祈るために、やはり人気のある神社を参拝したいですよね。そこで、関東圏内で行ける神社仏閣の人気ランキング20を発表します。新年の始まりだからこそ、自分にあった神社仏閣を選択しましょう。

新しいスタートです

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

一年の始まり、今年こそは良い年になるように、この幸せが続くように、人はそれぞれの思いを胸に初詣へと出かけます。その神社仏閣選びも、間違えてしまったら、なんとなく一年が失敗することになってしまうような気分になってしまうかもしれません。

そこで、関東圏の初詣で人気のある神社仏閣をランキング形式で紹介します。大勢の人に揉まれるように、初詣へと出かけるのも、また楽しみの一つになるんでしょうね。

1位 明治神宮(めいじじんぐう)

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

全国で一番の参拝者数をほこる神社といえば、明治神宮です。その数は、300万人以上といわれています。御祭神として、明治天皇と昭憲皇太后を祀っています。明治天皇に対する人々の思いが国民の熱意となり、明治神宮に御霊をお祀りすることになったのです。明治天皇は常に国民のことを第一に考えるお方でした。だからこそ、人々はいつまでもその恩義を忘れないようにと、明治神宮が建立されました。

明治神宮のおみくじは「大御心(おおみごころ)」と呼ばれ吉凶がない。明治天皇の御製と昭憲皇太后の御歌に解説文を付したものになっている。

明治神宮は、強力なパワースポットでもあります。日本の未来を案じる人に、ぜひ参拝していただきたい神社です。新しい運命の流れを作り出し、人生をより良い方向へと変革するご利益が期待できるといわれています。

基本情報

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)
  • 【住所】東京都渋谷区代々木神園町1-1
  • 【ご利益】新しい人生をより良くする

2位 成田山新勝寺(なりたさんしんしょうじ)

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

初詣の参拝者数が、全国で2位となる寺院が成田山新勝寺です。300万人近い人々が訪れるといわれています。不動明王が御本尊様です。年が明ける少し前に門が閉ざされ、新年を迎えると同時に門が開かれます。その時を門の前で待っていた人々が一斉に境内へと流れこみ、新しい年への祈願をします。

成田山新勝寺の参道へと続く道には、うなぎ屋が多いことでも有名です。もちろん、大晦日から元旦になる時間帯でも、店は開いています。

平将門が反乱を起こした際、京の朝廷は将門を呪い殺すために広沢僧正寛朝(かんちょう)を東国に派遣。寛朝は不動明王を成田山に祀り護摩祈祷を行った。そのかいあってか将門の乱は鎮圧され、ここのお不動様は霊験あらたかだということになり人々の信仰を集めるようになった。

「護摩焚き」の儀式が有名です。人間なら誰しもがもっている煩悩を不動明王の化身となっている炎で焼きつくす、真言密教の秘教になります。薪で燃やしてもらうことにより、願い事がより叶えやすくなるとされています。

基本情報

『Spicomi』より引用g
(画像=『Spicomi』より引用)
  • 【住所】千葉県成田市成田1
  • 【ご利益】開運厄除け・縁結び

3位 川崎大師(かわさきたいし)

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

880年の歴史がある川崎大師は、全国で3番めに初詣客が多いことで知られています。昔から、「厄除けのお大師さま」として、人々の信仰を集めてきました。成田山新勝寺と同じ真言宗の寺院になります。弘法大師空海上人の御尊像が御本尊様です。

真言宗の寺院なので、川崎大師でも「護摩焚き」がおこなわれます。

880余年前、平間兼乗(ひらまかねのり)という武士が、夢のお告げにより海から弘法大師の木像を引き上げた。その後、尊賢上人(そんけんしょうにん)とともに寺を建立した。これが川崎大師の起こり。

弘法大師空海上人は、今から1240年ほど前にご誕生されました。日本に真言密教を広めた、偉大なる聖人といわれています。真言密教は、現世で人々が悩みから解き放たれ、「心の目」を持つことにより、現実世界で仏になる、つまり「即身成仏」になるという教えです。

お大師さまは、目覚めた人間になる教えを広め続けました。その教えは、今でも脈々と続いているのです。

基本情報

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)
  • 【住所】神奈川県川崎市大師町4-48
  • 【ご利益】厄除け

4位 浅草寺(せんそうじ)

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

浅草寺は、初詣の参拝者数が多いことでも知られていますが、海外からの旅行客が多いことでも有名です。都会にありながら、日本らしい風情を感じられることが人気の理由となっているそうです。年間を通した参拝者数は、3000万人ともいわれています。

聖観世音菩薩が御本尊様です。日本で一番古い寺院だとの説もあるほど、歴史があります。

浅草寺は風水的に「右關中(うかんちゅう)」という構造をしており、このような場所では人が多く集まり富貴に恵まれ栄えるとされる。

お正月には、「亡者送り」の儀式があります。これは、冬から春へと季節を転換するための、呪術です。鬼の姿になった2名の僧侶が、松明を地面に叩きつけながら境内を巡ります。鬼が登場する前には、前もって掘っておいた穴を神様へのお供え物で埋めます。この穴には、冬を封じ込めるという意味が込められています。

基本情報

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)
  • 【住所】東京都台東区浅草2-3-1
  • 【ご利益】人気運が上がる

5位 鶴岡八幡宮(つるおかはちまんぐう)

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

鶴岡町満宮は、新年の祈願にピッタリな神社です。御祭神として、応神天皇(おうじんてんのう)、比売神(ひめがみ)、神功皇后(じんぐうこうごう)を祀っています。

源氏にゆかりのある神社といわれているため、源氏に興味のある歴女なら見逃せないスポットです。

旗上弁財天社(はたあげべんざいてんしゃ)の裏に「政子石(姫石)」というのがある。夫婦円満のご利益がある。

出世運、行動運、健康運、勝負事、家内安全など、初詣でお願いをしたいことではないでしょうか。 そんなご利益があるとされています。また、自分の人生に変化を与えるパワースポットでもありますが、例え望まないことが起きてしまっても、最終的には最良の方向に変わるといわれています。

基本情報

『Spicomi』より引用g
(画像=『Spicomi』より引用)
  • 【住所】神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
  • 【ご利益】縁結び・家内安全