柔らかくて淡いブルーのエンジェライトは、まさに天使のように癒しの効果をもっており、愛で心を解き放ち、持ち主にインスピレーションを与えてくれます。様々な愛に苦しむ人には、特にお勧めです。そんなエンジェライトの意味・効果・浄化方法・見分け方をご紹介いたします。


天使由来の名を持つエンジェライトは、見ているだけで安らぎを感じられる石です。淡いブルーが柔らかく、癒しと安心感を与えてくれます。

天使の羽を実際に見たことはありませんが、きっとエンジェライトのように優しい色合いなのかなと、思わせてくれる石です。ブルー系の石はクールになりがちです。

ですが、不思議とエンジェライトは違います。優しく澄み渡る、淡い青空の色だからでしょうか。自然と波立つ心も凪いでいきます。

エンジェライトとは

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

エンジェライトは、ナスカの地上絵で有名な、南米ペルーのナスカが原産地です。ナスカの未知なる世界観が息づく土地で産出されるのも、不思議なめぐり合わせです。

名前の語源はギリシャ語の天使からです。和名は硬石膏という、いささか可愛げのない名になります。ストロンチウムという名を聞いたことがあるかもしれません。放射能のひとつです。このストロンチウムを含むことで美しい青色に発色しています。

とはいえ、エンジェライトに含まれるのは自然放射能ですので、心配には及びません。自然界にあるものですので、被爆というような物騒なことにはなりえないのです。

硬度は弱く3.5しかありません。ゆえに、すぐに割れてしまいます。衝撃に弱い石という認識を持たないとすぐに壊れてしまいます。

往々にして美しいものは儚げで繊細なものです。気づけば消えてしまっているかも・・と思う方がロマンチックですね。柔らかいガーゼなどにくるんで保管しておけば、安心です。工夫して末永く大切にして欲しいと思います。

エンジェライトの意味

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

エンジェライトは、原石が一番美しいとされています。まさに天使の羽のように地面から羽が突き立てられているように見えるのです。

エンジェライトの意味も、加工される前の原石の状態のものから来ているのでしょう。加工してビーズにしてしまうとくすんでしまうので、残念です。それでも十分に美しいのですが、原石の奇跡とも言える優美さには敵いません。

真珠のように灰色がかった青色は、磨けば磨くほど光沢を有し輝きます。天使が微笑んでいるようにも見えますね。天使と直結した意味を持つ石であるがゆえに、人気も高いです。

愛や安らぎという意味と共に、夫婦愛などの意味もありますから、冷え切った夫婦関係に悩んでいる時など、インスピレーションを与えてくれるのではないでしょうか。愛というテーマと直結していますので、多様な愛の嘆きを引き受けてくれます。

エンジェライトの青色は、涙の色なのかもしれないという解釈もあるくらいなのです。いずれにしても、悩める人々を慰める石であることは、私たちにとって心強いばかりです。

エンジェライトの石言葉

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

エンジェライトの石言葉は、優しさと許しに満ちています。 まさに天使!「人の罪を許す」「自分への愛と許し」「夫婦の愛を再び」「癒しとやすらぎ」などです。

エンジェライトの石言葉を見ると、ひとつも責め立てるような、強い言葉がありません。それよりも許しというキーワードで繋がっているように思えます。昔から罪を憎んで人を憎まず・・という言葉がありますが、エンジェライトはその言葉を地で行く石なのです。

自己犠牲的な心を有している人は、ついつい自分を罰してしまいます。けれど、エンジェライトは自分をも許しなさいと教えてくれているのです。もし周囲に、自分を裁きすぎている人がいたら、是非エンジェライトを紹介してあげてください。

逆に他者に対して厳しくあたってしまう人、人の失敗に過敏になってしまう人にもエンジェライトは許しの大切さを教えてくれます。意味を伏せて、性格の厳しい人に贈り物として渡すのも良いかもしれません。少しでも変化が現れたら、それはエンジェライトの力によるものでしょう。