とても有名で、美しい緑色に輝くエメラルドは、恋愛運や結婚運、健康運などのアップや、知性を磨いたり、ヒーリング効果が極めて高いと言われています。世界中に、古くから愛されてきたエメラルドの意味・効果・浄化方法・見分け方をご紹介いたします。


エメラルドというと、ジュエリーのイメージが付き纏います。天然石というよりも宝石として見られる事のほうが多いのかもしれません。

美しい緑色の輝きは、どこまでも澄み渡る草原の緑にも見えますし、クロードモネの描く緑の藻が敷き詰められた優美な池の姿にも重ね合わせる事ができます。

古代から現代に至るまで、エメラルドが廃れたことなどなくいつの時代にも、時代の風の中で愛され育まれてきた稀有な石なのです。

エメラルドとは

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

エメラルドは、ベリルグループに属す鉱物です。 和名を翠玉または緑玉といいます。

エメラルドは鉱山の火山活動の中で熟成されて緑の美しい石へと変貌を遂げます。火山活動においてクロムやバナジウムを含むことで、緑色になるのです。なので、火山活動によって多くのエメラルド内部には、傷がみられます。傷のないエメラルドはないと言っていいほどです。

美しいエメラルドでありながら、内部に傷の少ないものは高値で取引されます。

エメラルドの歴史は大変古く、古代バビロニアの時代から重宝がられてきた石です。古代エジプトでは、王家のみが許される石とされ、かのクレオパトラも愛した石でした。その後もヨーロッパの王族が王冠などに施した事で、今でも宝物としてヨーロッパの博物館などで展示されるのを目の当たりにすることが多いはずです。

エメラルドの語源は、ペルシャ語またはサンスクリット語でさらにそこからギリシャ語になまりを有し、変化していきました。

最初は緑の石という意味のスマラグドス、次にエスメラルド、最後にエメラルドというふうに変転していきました。

現代に生きる私たちは「エメラルド」で完結していますが、ここに至るまでの道のりは文明の流転にも似ていたのだと思うと、ロマンを感じてしまいますね。

エメラルドの意味

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

エメラルドは古代エジプト人にとって特別な意味を持った石でした。王家の人々は、それぞれエメラルドを採掘するための鉱山を有していたといいますから、その本気度は常軌を逸していたのだと思われます。

なぜエメラルドにこだわり抜いたのかといえば、古代エジプトではエメラルドが、繁殖と繁栄を現していたからです。エメラルドに守られていれば末永く、未来永劫エジプトの王朝が続いていくと信じられていたのです。

世継ぎを生み出す王家の女性たちは、こぞってエメラルドを身につけました。それは装飾品というレベルを超えて、信仰の領域にまで入っていたのだろうと推測できます。現代に生きる者にしてみれば、美しい緑色の宝石という認識かもしれません。

しかし古代は違っていたと言うことです。日本に置き換えれば三種の神器のひとつである、翡翠の特別性と似ていたのかもしれません。

エメラルドの石言葉

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

人間と歩んできた歴史が長い分、エメラルドの石言葉も多岐に渡り数多くの、異なる意味の石言葉があります。その中から幾つかご紹介したいと思います。

「宇宙の波動を受ける」「超古代の叡智」「幸福な結婚」「異性との愛情」「無私の愛」「頭脳を鍛える」「病気平癒」「子孫繁栄」

石言葉も多様にあり、意味も一定ではありません。

宇宙や超古代というロマン溢れるものから、結婚という甘いイメージの石言葉もあります。頭をよくする知性に関わる石言葉もあれば、病気を治すという石言葉まで・・ここまでくれば、万能の石と言っていいかもしれませんね。

唯一、魔を封じるような攻撃性の強い石言葉はありませんので、それ以外の幸福と知恵に関わる全てに万能な石というべきでしょうか。

目が覚めるようなエメラルドグリーンの耀きを眺めているだけで、幸運が訪れそうな気がします。昔からエメラルドは、ポジティブなイメージだったのでしょう。石言葉を加味して、プレゼントするときにもエメラルドを選んでおけば意味の多様性から、失敗はなさそうです。