スピリチュアルリーディングは、肉体の状態や感情、その人の人間関係や精神状態などを読み取ることができるので、あなたの日々の心配事が減り、楽しい毎日を過ごすことに繋がりますので、今回は、スピリチュアル(透視)リーディングについて、ご紹介いたします。


スピリチュアル(透視)リーディングと聞くと、その字面から、何かの情報を読み取る感じを受けますが、いざ自分が読み取られる立場になると、「何もかもを見透かされてしまうのでは・・・?」と少し不安な気持ちになりますよね。

しかし、「知りたいことは沢山ある!」とスピリチュアルリーディングに期待をしてしまう自分もいたりして・・・。スピリチュアルリーディングとは一体どんなものなのか・・・。本当に全てを見通すことが出来るのか、それとも一定の部分だけなのか、それはどんな手法で、どんな人が情報を読み取るのか・・・。

そんなスピリチュアルリーディングへの不安や期待、疑問が尽きないあなたに、今回は「スピリチュアルリーディングとはどのようなことなのか。」ということをお話します。

リーディングとは

『Spicomi』より引用.jpg
(画像=『Spicomi』より引用)

「リーディング」とは、そもそもどんなことを言うのでしょうか。 「リード」とは、「読む」という英単語なので、リーディングは何かの情報を読むことを指していることがわかります。

スピリチュアルの世界において「リーディング」とは、人の持つ「様々な目には見えない情報」を読み解くことです。

「目に見えない様々な情報」とは、例えば過去世や未来世、ハイヤーセルフや、その人を守護している存在などです。「情報を読む」ということは、読む人と読まれる人が存在し、読み取るチカラを持っている人のことをリーダーと言います。

リーダーが様々な目には見えない情報のリーディングを行う為に、何かしらのツールを使用する場合もあります。それは、タロットカードやオラクルカードなどのカード類であったり、クリスタルのチカラを借りたり、占星術を用いたりすることもあります。

物質にも全て波動がありますから、リーダーは自分の波動に合ったツールを使っているようです。

スピリチュアル(透視)リーディングとは

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

スピリチュアルリーディングは、先にご紹介したリーディングとは少し異なります。

まず、スピリチュアルリーディングには、リーディングするためのツールを必要としません。リーディングを行う部屋などの空間の浄化を行う為に、お香や音叉を使用することはありますが、リーディング自体はリーダーさえ居ればできます。

なぜツールが必要ないかと言うと、スピリチュアルリーディングは、その人の発する「エネルギーに含まれている情報を読み取る」というリーディング法だからです。それは主にオーラと呼ばれる、その人の身体の周りにある、見えないエネルギーを読むことが多いですが、チャクラという、その人のエネルギーセンターの状態を読むこともあります。

オーラは身体の外側にあるもの、チャクラは身体の中にあるものとイメージすると、わかりやすいかと思います。

リーダーは、そのオーラやチャクラを実際の視覚で読むのではなく、第三の目と呼ばれる、眉間にある部分を使ってリーディングするというものなので、占いとは全く異なります。

目に見えない世界を読むことの出来る、目に見えない能力なので、その存在をなかなか信じられない人もいるかと思います。

しかし、このスピリチュアルリーディングの能力は、超心理学という分野で研究対象となっていて、学問として研究する価値があると、その存在を認められている能力なのです。