「易占い」の意味や歴史を知っていますか?身近な易占いですが、詳しく知っている人は少ないです。歴史ある易経をベースにした易占いの正しい意味や歴史を説明します。


よりよく生きたい、悩みを解決したいと願うとき、人は占いを頼りにします。そこで占いと聞いて、まず最初に易占いを思い浮かべる人は多いものです。

易占いはそれぐらい身近で、なじみのある占いです。とはいえ、その内容を正しく理解している人はあまり多くありません。

ここでは、意外と知られていない易占いの意味・歴史やセオリーについてお伝えします。

3500~4000年の歴史を持つありがたい聖典『易経』

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

易占いがベースとしているのは『易経(えききょう)』という書物。中国で成立した四書五経(ししょごきょう)と呼ばれる経典の筆頭に置かれるたいへん由緒正しいものです。

易経は、宇宙や人生の森羅万象を予言する占いの書として発祥したため内容は神秘的ですが、哲学・倫理を説く書としても読み継がれています。

古くは中国の偉人・孔子(こうし)も易経を何度も何度も読んだため、本の綴じ紐が三度も切れたなどと伝えられています。さらに現代の日本でも易経を読む会や易経をベースとした経営セミナーが盛んで、時代を超えていつまでも色あせない崇高な魅力を感じさせます。

易経の本文は、横棒を6本連ねた奇妙な記号と、それに添えられた謎めいた言葉がメインです。記号も言葉もあまりに難解なため、多くの人々の知的好奇心を刺激してきました。歴代の学者が解釈や意味を研究し、注釈を書き継ぎ書き継ぎして、現代のような解釈が生まれました。

そうした中で成立したのが「易学(えきがく)」です。長い歴史を経ても、いまでも解釈が定まっていない文章も少なくありません。正解は誰にもわからない、答えがなかなか出ない神秘性から、易経・易学はいつの時代も深遠な学問として尊ばれています。

周の時代に成立した「周易」が易占いのメイン

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

易経は「周易(しゅうえき)」とも呼ばれます。これは、中国の「周の時代の易」という意味で、日本の易者はたいていこの周易でものごとの吉凶を占います。ちなみに、周易より歴史が新しい「断易(だんえき)」という易占いもありますが、占いとしての手法や思想性はまったく異なるものです。

周易は、易経に書かれた哲学的・倫理的な文章をベースにした占いです。そのため、単に占い師が吉凶を言い当てて終わり、相談者は結果に一喜一憂して終わり、という浅い占いではありません。

易占いの神髄は「いまはダメでもそのうちよくなる」、「いまはよくてもそのうちダメになる」などといった、万物流転の法則、変化の法則が真骨頂です。変化し続ける中で生まれる「何か」こそが、人生の目的であると伝えているのかもしれません。

実際に人生における困難に直面したとき、「どのように切り抜ければいいのか?」と易者(あるいは易の神様)に問うてみると哲学的でありがたい言葉が得られます。相談者の人生を左右するという意味では、易者自身も常に精神修養に努め、人としての徳を積むことが求められます。易者の使命とは占う相手(相談者)の悩みを解消するアドバイスをし、その人を善導(よき方向へ導くこと)することなのです。

易占いが当たるわけ

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

占いとしての易の基本思想は、「偶然の中に必然を見つける」ということ。易占いの結果を卦(か)と呼びますが、これを得るためにはサイコロや目に入った数字などを使いますが、その偶然が未来を予言する、というのが易占いの立場です。

偶然の結果と人の未来との間にはなんの関係性もないように見えますが、その間には「共時性(きょうじせい)」という現象があるとされます。共時性はシンクロニシティともいい、スイスの哲学者・ユングが考え出した概念です。

共時性とは「2つのものやことの間にある偶然の一致は人の潜在意識などが関わって結びづけられており、その間には意味がある」という考え方です。つまり、占う相手(相談者)の悩みごとと、占い師が用いる道具が導いた結果は互いに連動し偶然の一致が成され、占いが当たるのだと考えられるということです。