お気に入りのパワーストーンを購入した後、エネルギーリセットや石を休ませるために塩を使うと、高い浄化効果が得られます。しかし石によっては逆効果となり、変質させてしまう恐れもあるため、今回、パワーストーン・天然石の塩や塩水による浄化方法を、詳しくご紹介いたします。


パワーストーンを浄化する方法はいろいろあります。 水晶やトルマリンなど浄化力の高い別の石を使ったり、太陽や月の光、流れる水にさらす、地面に埋めるなど自然の力を借りたり、ハーブの煙や聖なる木の香りなど伝説や伝承にのっとって行う方法など、まさしく多種多様です。

このようなパワーストーンの浄化法のなかに、日本独特といってもよい手段があることはご存知でしょうか。

それは塩! 清めの塩を用いた浄化です。数ある浄化法のなかでも特に強いといわれているので、パワーストーン購入後に必ず行うリセットや疲れきった石を休息させるにはぴったりです。

しかし同時に石によっては変質させてしまうこともある、パワーストーン上級者向けの少し難しい浄化法でもあります。

効能や方法、注意点についてご紹介しますので、必要に応じて試してみてくださいね。

死の穢れをはらう清めの塩

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

日本では葬儀やお墓参りのあと、帰宅する前に塩をまく風習が今でも残っています。

古来の宗教である神道では死を穢れとして考えていました。日本神話を記した古事記や日本書紀にも、死の国を穢れとして描くエピソードが随所にあります。その穢れに触れたあと、悪しきものを祓い清めるために昔から塩が用いられてきたのです。

もともと塩には殺菌洗浄作用があります。食物を塩漬けにして保存したり、うがいやものを洗うときに塩水を利用するなど、生活の知恵として使われてきました。

同時に腐敗を止めたり病気を予防する塩は、目に見えない厄や穢れを落とすものと思われたのでしょう。死の穢れを祓う道具として塩が選ばれたのも納得できます。

このような伝承と伝統を持っている日本ですから、パワーストーンの浄化に塩を応用するのも当然の発想かもしれません。

塩でパワーストーンを浄化する方法

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

塩でパワーストーンを浄化する方法は大きく分けて2つあります。

一つは塩そのままを使う方法。もう一つは塩を水に溶かして浄化する方法です。

基本的な考え方や注意点は同じなので、好きな方を選んで浄化しましょう。 それぞれの具体的な方法は以下の通りです。

①塩をそのまま使う方法

やや深めの器に塩を多めに入れます。塩は食塩ではなく天然塩を使いましょう。

その塩の上に浄化したいパワーストーンを置きます。気になるなら和紙か木綿の布をしいいてもいいでしょう。

そのまま一晩からまる一日置いてください。

また、石のパワーがとても弱く感じるようなら塩の中に埋めるとさらに浄化力が増すといわれています。和紙や木綿で包んでから埋めても効果は同じなので、直接塩分に触れさせたくないときはおすすめです。

最後に石を流水でよくゆすぎ、水気を拭き取って乾燥させれば完了です。

加工塩ではなく天然塩を使うのが基本ですが、最近では岩塩が人気です。特にヒマラヤ産の岩塩はパワーストーン用の浄化グッズとして販売されています。

使い方は通常の塩と同じですが岩塩は粒がさざれ石のように大きく、なかには水晶の結晶のような塊もあります。むしろ水晶のさざれ石やクラスターのイメージで使う方が合っているかもしれません。岩塩の塊やチップを敷き詰めた皿の上に、浄化したいパワーストーンを直接置いておく方法です。塩であることは変わらないので、浄化の後は必ず真水で洗ってから乾燥させてください。

②塩水を利用する方法

約3.5%の塩水を作ります。これは海水の塩分濃度とほぼ同じです。100ミリリットルに3.6グラムの天然塩を溶かすとちょうどいい濃度ですので、この割合を基準にしてみてください。

きれいな器に塩水をいれ、その中にパワーストーンを浸します。そのまま一晩置いておきましょう。翌朝、流水で良くゆすいでから水を拭き取り乾燥させます。

塩を使う浄化はどちらの方法を取るにしても、浄化後塩分をよく洗い流して乾燥させてください。塩分は意外と残りやすいので注意が必要です。

例えばブレスレットに使う天然石ビーズだったらゴムを通す穴も気をつけましょう。なかで塩が溶けて固まるとゴムが通しにくくなったり切れたり劣化する原因となります。

塩分は浄化の力が強い反面、金属を錆びさせたりアクセサリーパーツを劣化させる可能性があります。浄化する時は必ず石以外のパーツは外しておくことです。また、パワーストーンのなかには塩分が苦手なものもあります。