落ち着いた水色や緑色をした、清涼感溢れる色合いのアマゾナイトは、希望の石と呼ばれ、迷い人や悩みの淵にいる人々に希望を抱かすと言われています。落ち込んだりイライラして自分を見失いそうな人は、是非、身に着けてもらいたい石です。そんなアマゾナイトの意味・効果・浄化方法・見分け方をご紹介いたします。


美しい水色から癒しの緑色まで、清涼感溢れるアマゾナイトのファンはとても多いです。ホープストーンとも呼ばれ、希望を意味する石です。アクセサリーにも使用されやすい天然石なので、お馴染み感が強いかもしれません。

アマゾナイトとは

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

アマゾナイトは、長石グループに属します。微量の鉛を含むことから白い長石が点在します。高品質のものは、長石特有のシラーが見られることがあります。和名は天河石と呼ばれ、天の川の煌きを連想させます。

もともとアマゾン川流域で発見されたとして、アマゾナイトと命名されたようですが、ブラジルで産出されることはあっても、アマゾン川で産出されたことはないそうです。

産地として有名なのは、インドのカミール地方や、ロシアのウラル山脈、北アメリカのコロラド州などです。ロシア産のアマゾナイトはロシアアマゾナイトというふうに区別されますが、色合いがほかの産地の水色がかった物とは違い緑色が濃いのが特徴です。

緑のアマゾナイトは翡翠にも似ることから、過去にはアマゾン翡翠と呼ばれて、翡翠として世に出た事もありました。

そんなアマゾナイトの歴史は古く、古代メソポタミアや古代エジプトの遺跡の中からも発見されています。美しい石ですので、古代の祭祀に欠かせない石として、古代人を魅了したであろう事は想像に難くありません。

パワーストーンとしても人気があり、お手頃価格なことも相まって長らく、安定した人気を維持しています。

男性が持っても女性が持っても不自然ではない落ち着いた色合いが人気の一翼を担っているのかもしれません。

アマゾナイトの意味

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

アマゾナイトは、希望の石と呼ばれ、いついかなる時にも最後まで希望のあかりを持ち主の心に灯し続けてくれると、信じられています。

森の迷い人を出口に導くとも言われ、林業に携わる人には勿論のこと山登りを趣味にしている人々にも力強いお守り的な石になります。また、森=心の迷い人であるとも考えられ、悩みの淵にいる人々を助け希望を抱かせて救ってくれます。

アマゾナイトの石言葉

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

そんなアマゾナイトの石言葉は「迷いから導く」「希望を灯す」「夢を叶える」「精神を癒す」などです。

精神が不安定な時に持つと、アマゾナイトの持つ癒しの波動に促され、平静心を取り戻す事ができます。落ち込んだりイライラして自分を見失いそうな時に、ポケットの中にでもそっとアマゾナイトを忍ばせておき、時折触れてみるだけで心の中の迷いが消えて行くのを感じるのではないかと思います。

上質なシラー効果のあるアマゾナイトは、パワーストーンとしての力がより強いとされていますので、心の糧に上質なシラー効果のあるアマゾナイトの握り石を購入しておくといざという時に、迷いを早急に打ち消します。

価格も40mmほどで2,000円前後と高くはありません。持ち歩かなくて良いと思える時には、部屋に飾って置くだけでも部屋の雰囲気が健やかに変化するのを実感されると思います。

アマゾナイトの効果

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

アマゾナイトは、精神を病んだ人への効果が強いと言われています。早期のうつ病には、病院治療とともにアマゾナイトを持つことで、肉体と精神をしっかり繋ぎ合わせて、心にゆるぎない1本の芯を通します。

それまで霧の中を歩いていたような状態から目が覚めたような、晴れやかな気持ちにいざないます。

また幸運を呼び込み、希望を授ける石ですから、これから何かを成そうとする時に正しい方向で成功できるように、持ち主に新しい発想力を惜しみなく与えてくれるでしょう。試験会場などに持って行くと緊張から解き放たれ、本来の実力をしっかり出せるようになります。

ネガティブに下降して行くときにその悪運を遮断してポジティブな精神状態へと引っ張り上げてくれる、頼もしい味方です。

失敗したくない仕事の前や試験の前、初対面の人に好かれたいときなどにアマゾナイトは、サポートしてくれます。自分の良い面を強調したいとき、その勇気に乏しい時に持つと効果的です。

アマゾナイトの中でもロシア産の緑が強い石は、自然との相性が良いので、登山をするときに守り石として持っていくのも良い使い方です。山での遭難を避けて、持ち主を正しい道順で下山させてくれます。

※これらの効果は現代医学・科学で証明されているものではないため、ご注意下さい。