飴玉のような黄色いべっ甲色をしているアラゴナイトは、一見すると地味な石ですが、人脈を作り繋げる効果と一緒に、金運も引っ張ってくれる石なので、婚活中の人や、自分は消極的な内向的性格だと思う人には、お勧めです。そんなアラゴナイトの意味・効果・浄化方法・見分け方をご紹介いたします。


見た目は地味ですが、味わいがありどこか可愛らしい、滑らかな印象のある天然石といえば、アラゴナイトです。

黄色のアラゴナイトは飴玉のような、鼈甲のようなどこか、懐かしさや温もりを感じさせてくれる石ではないでしょうか。

アラゴナイトとは

アラゴナイトは、1788年にスペインのリオ・アラゴンにて発見された石です。和名を霰石(あられいし)といいます。なぜ霰石と呼ぶのかというと、鍾乳洞で産出されるアラゴナイトの形が、サンゴのような鍾乳石となり、見た目がサンゴ或いは霰に似るからです。

山サンゴと呼ばれることもあるほど、サンゴに似ています。

しかし、科学組成は方解石(カルサイト)と同じであり、複雑ですが結晶構造が違うということで、別の石として存在します。ですから、イエローカルサイトとアラゴナイトは見た目にはそっくりです。

硬度は方解石と同じように脆く、硬度4程度しかありません。それでも方解石の硬度3に比べれば、やや硬めです。扱いなどに注意しないと簡単に、壊れてしまいます。さらに耐久性に問題があり、酸に弱いという弱点があります。

人間の汗には乳酸塩も含まれるわけですが、アラゴナイトを汗ばんだ状態で身に付けていると、アラゴナイトが溶けてしまうことがあるようです。パワーストーンとして、手首や首に身につけることが多いと思いますので、ご注意ください。

アラゴナイトは本来無色なのですが、鉄やマンガンが混ざることで黄色いアラゴナイトになります。不純物の違いによっては少し珍しいグリーンアラゴナイトになることもあります。似たもの同士の方解石とは違い、アラゴナイトは希少な石として取り引きされます。

アラゴナイトの意味

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

アラゴナイトは、イエローカラーが基本色と言えますが、希にブルーやグリーンのものも存在します。ここでは、ポピュラーなイエローのアラゴナイトの意味や石言葉に限定して説明させていただきます。

見た目に明るく優しげな印象のアラゴナイトは、人脈の石と言われています。人と人とを自然な形で繋いでいく、石です。またその黄色からも分かるように、金運アップに繋がる石で商売繁盛などの意味もあります。

商売人と頻繁に交流のある人が持つと、開運に繋がります。好感度に関係する石なので、芸能のような人気商売にも効果があります。

気が付けば、自分自身の魅力がアップしているというようなことがありえる石なのです。

アラゴナイトの石言葉

『Spicomi』より引用pg
(画像=『Spicomi』より引用)

アラゴナイトの石言葉は「人気を高める」「集客アップ」「魅力を拡大していく」などがあります。

前向きな意識を与えてくれる石なので、自己信頼が増し、次第に自信に満ちていくのを実感させてくれます。人との繋がりと魅力を増進することを得意とするので婚活のときなどにも、活躍しそうな石です。

一緒に金運も引っ張って来れる石なので、うまく活用できたら玉の輿運を引き込める可能性もあるかもしれません。個々で意味を噛み砕き、人生を豊かにするためのよすがにしてみてください。

アラゴナイトの効果

アラゴナイトは、一見すると地味な石なのですが、人脈を作り繋げて行ける石です。意外にも引きの強い石なので、人も引っ張って来ますし、恋愛に関しても相手を引っ張る力があります。

アラゴナイトを身につけていると、好きな人に偶然何度も遭遇する、という不思議な経験をすることもあるかもしれません。自分は消極的な内向的性格だと思う人には、是非身につけて欲しいと思います。

自分が何かを行う以前に向こうの方から、コンタクトがあるという石だからです。

昔からアラゴナイトは金運の石と信じられてきました。これもひとえに引きの強さです。心から金運を欲した時に、アラゴナイトの引きの強さが作動し、お金を引っ張ってくるのかもしれません。

自分には人を惹き付けるオーラがないという悩みにはもってこいで人も愛もお金も引っ張るアラゴナイトで存在感を増したいものです。

他には、美髪につながるということで、髪の毛に滑らかな美しさを求める女性に身につけられてきました。

※これらの効果は現代医学・科学で証明されているものではないため、ご注意下さい。