恋をしたら、両思いになりたいと願うのは当たり前のことです。ですが、ライバルがいたり、ほんの少しの勇気が持てなかったり、なかなか上手く行かない現実があるかと思います。そんなときこそ、関西(近畿地方)のパワースポットを訪問してみませんか?あなたの恋を後押ししてくれるかもしれませんよ。

恋の勝者になりたくて

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

運命的な一目惚れ、徐々に好きになっていく気持ち、恋の形は様々ですが、相手を好きだと思う気持ちは同じです。この恋だけは譲れないと思ったら、パワースポットの力を借りてみましょう。恋愛成就に向けて、前向きになれる力をいただけるかもしれません。

もちろん、恋人同士でも、夫婦でも、お互いの縁をもっと深めるのなら、縁結びの神社はオススメです。ぜひ、出かけてみませんか?

1.春日大社(かすがたいしゃ)

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

奈良公園の中にある春日大社。その歴史は、710年の平城京遷都にさかのぼります。藤原不比等が鹿島神を御蓋山に祀ったのが始まりとされています。

本殿を囲む回廊の入り口である南門の南側に、12の摂社があります。このお社をすべてお参りする(「福の神のめぐり」)とご朱印とお守りがいただけるのですが、その最後の納札所である夫婦大国社は、縁結びの神さまとして信仰される大国主命と、その妻である須勢理姫命がお祀りされています。

夫婦神でお祀りされているのは珍しく春日大社だけです。お社では、ハート型の絵馬があります。カップルで名前を書くとご利益をいただけます。いつまでも仲良しでいられるといわれています。

一般の参拝は幣殿・舞殿がまでしかはいれません。本殿に入るには特別参拝(初穂料500円)が必要になります。

奈良公園にいる鹿は春日大社の神様の使いといわれています。だから、鹿せんべいをあげるとお辞儀をするほど、礼儀正しいんですね。

基本情報

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)
  • 【住所】奈良市春日野町160
  • 【ご利益】縁結び・心願成就・開運

2.天河大弁財天社(てんかわだいべんざいてんしゃ)

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

日本3代弁天の一つでもある天河大弁財天社。芸能の神様としても有名で、芸能人の参拝者が多い神社です。高野山、比叡山を点で結んだ内側の中心に位置します。

天河大弁財天社は、行こうと思っても本人にとってまだその時期でなければ、何がアクシデントが起こって行けないという話があります。そんなところからもスピリチュアルなイメージを湛えています。

節分のときには「鬼は内」の掛け声で豆をまく珍しい慣例があります。

前夜に「神迎え」という行事を宮司が行います。別名「鬼迎え」といいます。山から降りてきた鬼が足を洗えるようにと盥(たらい)を用意します。翌朝、そこに泥があるという逸話が残っています。

神秘体験だけを求めて、安易な気持ちで参拝することは控えましょう。

【出典】
天河大弁財天社 - Tenkawa Shrine // 2010.11.14 - 07 by Tamago Moffle

基本情報

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)
  • 【住所】奈良県天川村坪内
  • 【ご利益】女性的な力を高める・芸能
  • 【出典】天河大弁財天社 - Tenkawa Shrine // 2010.11.14 - 08 by Tamago Moffle

3.談山神社(たんざんじんじゃ)

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

飛鳥寺で蹴鞠会(けまりえ)があったとき、中大兄皇子(後の天智天皇)と中臣鎌子(後の藤原鎌足公)が出会いました。それがきっかけとなり、西暦645年の5月、多武峰(とうのみね)の山に登り、「大化改新」の話し合いをします。のちにその山を「談い山」「談所ヶ森」と呼ぶようになり、談山神社の社号となったのです。

東殿は恋神社と呼ばれています。そこには、鎌足公の妻であり、万葉歌人額田王の姉としても知られている鏡女王が祀られています。

本殿から東殿へ向う坂道は恋の道と呼ばれ、情熱的な歌人でもあった鏡女王は縁結びの女神さまとして信仰されています。また、東殿の脇には「むすびの磐座(いわくら)」があり、縁結びを祈願する人の足が絶えません。

参拝には拝観料がかかります。

個人の参拝は、大人500円、小学生250円、小学生無料となっています。

基本情報

  • 【住所】奈良県桜井市多武峰319
  • 【ご利益】縁結び

4.熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

熊野速玉大社は、熊野三山と呼ばれる神社のひとつです。いまから2000年前に建立されたといわれています。熊野三山とは、熊野速玉大社、熊野本宮大社、熊野那智大社の3つです。それぞれの神社ごとにパワーが違いますが、特に熊野速玉神社は縁結びのご利益があるとされています。

境内には、平重盛公が自ら植えたと伝えられている梛(なぎ)の大樹があります。

「なぎ」は「凪」に通じ、波風を鎮め、また、その葉が切れにくいことから、縁結びにご利益があるといわれています。大社では、この梛の実から作られた縁結びのお守りをいただくことができます。

また、神社にはゆったりとした時間が流れています。落ち着いてのんびりと参拝することができます。拝殿の前にある特に強いパワーを感じることができそうです。

元宮である神倉神社にも、歩いて行ける距離です。こちらは急な石段を上る必要があります。ですが、ご神体の巨石「ゴトビキ岩」は一見の価値があります。ぜひ、あわせて訪れてみてはいかがでしょうか。

基本情報

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)
  • 【住所】和歌山県新宮市新宮1
  • 【ご利益】縁結び

5.大神神社(おおみわじんじゃ)

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

大神神社は、日本で最も古い神社の一つとされています。背後にある三輪山自体が御神体であるため、本殿はありません。

御祭神は倭大物主櫛甕魂命(やまとおおものぬしくしみかたまのみこと)、大国主神の幸魂(さきみたま)、奇魂(くしみたま)です。伊勢神宮以前の大和朝廷の守護神が祀られています。酒の神様としても知られています。朝の参拝がオススメです。参拝時には、生卵かお酒を持参するとよいといわれています。

大国主神の幸魂(さきみたま)は、縁結びの神様です。

表参道の御手洗橋を渡ったところに鎮座する祓戸神社の東側に、「夫婦岩(めおといわ)」という2つの石がお祀りされています。はるか昔、とても仲良く長寿を保った夫婦の居た跡とのことで、この岩に縁結びを願うと良いといわれています。

三輪山には勝手な入山はできませんでしたが、現在は狭井神社でお祓いをして、たすきをかければ入山できるようになりました。撮影は禁止、時間制限ありなど決まりがあります。神様の宿る神聖な場所になるため、きまりを守って参拝しましょう。山道を登るのに40分ほどかかります。

基本情報

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)
  • 【住所】奈良県桜井市三輪1422
  • 【ご利益】縁結び