ワイキキのランドマークともいえる「Tギャラリアby DFS」。新型コロナの影響によって現在も休業していますが、このたび、改装が行われた後に営業を再開することが発表されました。

Tギャラリアby DFSとは

カラカウアアベニュー沿いの一等地に建つ「Tギャラリアby DFS」は、1960年に香港で創業したDFSグループが運営する、路面店型の免税店です。

DFSとは「Duty Free Shoppers」の略で、ここで購入したものにはアメリカの関税やハワイ州の州税などがかかりません。

免税店はダニエルKイノウエ空港内にもありますが、Tギャラリアby DFSは1階から3階まで売り場がある1大ショッピングスポット。

コロナ禍前の営業時には、1階と2階は購入したものをすぐに持ち帰ることが出来る非免税フロア、3階が日本へ帰国する際に空港の搭乗ゲートで引き渡しとなる免税商品を購入できるフロアとなっていました。

ハワイでの新型コロナのパンデミックにより2020年3月から現在も休業中で、入口やショーウィンドウなどがバリケードで覆われたままとなっています。

Tギャラリアが改装後に復活!?

長い期間にわたって休業しているTギャラリアby DFSですが、営業再開に向けて動き始めていることが分かりました。

Tギャラリアby DFSが入っている建物「ギャラリアタワー」は2021年、地元ハワイの投資開発会社ブラックサンドキャピタルが2700億ドルで取得しています。

しかしこのたびDFSはブラックサンドキャピタルと新たに18年間のリース契約を締結。

現在計画されている改装工事を終えた後、新たに生まれ変わったTギャラリアby DFSとして、段階的にではあるものの営業を再開すると発表しました。

具体的な営業再開の日程は発表されていませんが、日本人観光客にも人気のある免税店がいよいよワイキキに帰ってくることになります。