子育て中のママにとって、家事や仕事をしながら子どもを育てていくのは、とても大変なこと。 私は現在3歳の子どもを育てていますが、時には疲れてしまうことも…。 そんな時は、大好きなハワイのママアーティストたちの姿を見て元気をもらっています。 今回は、ハワイに住む子育てをしながらアーティスト活動をする3人をご紹介します♪

ジャナ・ラム / JANA LAM

ジャナ・ラムは、ハワイ生まれのハワイ育ちのデザイナー。 ハワイの植物など自然をモチーフにした、カラフルなデザインの雑貨が人気のメイド・イン・ハワイブランド「ジャナ・ラム・ハワイ」のオーナーでもあります。

2022年8月にワードビレッジ内にお店を新装オープンしました。 以前の5倍も広いショップへと拡大し、現在人気上昇中のブランドです。

ジャナ・ラムは現在2人のお子さんを子育て中。 彼女のインスタグラムには、カラフルな作品と共に、子ども達のかわいらしい姿もアップしています。 どの写真も親子で笑顔いっぱい! 見ているだけで私たちも明るく元気な気持ちになってきますよ!

コリーン・ウィルコックス/Colleen Wilcox

日本にもギャラリーを持つ、コリーン・ウィルコックスは、ハワイ生まれハワイ育ちのアーティスト。 サーフガールや海、動植物を色鮮やかに描き、どの作品もおだやかで明るい雰囲気を感じられます。

彼女は2021年に女の子を出産し、現在育児をしながらアーティスト活動を行っています。

インスタグラムには、妊娠中からベビーを楽しみにしている投稿をしていて、彼女のファンである私も出産報告を楽しみにしていました。

ある投稿では、コリーンが夫婦でスノーケリングをしていえると、ハワイ語で「エイ」と言う意味の「hihimanu」の赤ちゃんに出会ったエピソードが書かれています。 このエイは自分たちの赤ちゃんの化身なのだというハワイアンスピリットを感じたということです。

子育てを楽しみながら活動する彼女の作品からも、活力そしてハワイアンスピリットを感じられそうです。