吉方位に引っ越したり、旅行に出かけたりすることで、運気が一気に上がります!ただし、吉方位を間違えてしまうと、かえって逆効果になることも…。そこで、自分の吉方位の調べ方と見方の基本をご紹介いたします。


人生の一発逆転をねらうときや、開運したいときには吉方位引越しや旅行が最適!

吉方位への引越しも旅行も、新しい景色を見ることで自分の運命に動きを生じるキッカケを与えてくれる最高の開運アクションです。また、新しい場所で得た縁は、人生に新しい展開をもたらしてくれます。

ところで、自分の本命星を出すところまでは正しくできても、肝心の「吉方位」取りを間違えている人、けっこう多いんですよ。

やらないよりはやるほうがもちろんいいのですが、方位取りを間違えていると効果がないどころか、逆効果にもなることもあるのでくれぐれも気をつけてください。ここでは、吉方位の調べ方と見方のキホンをおさらいしてしっかり身につけましょう。

基準となる地点は60日以上寝ている場所である

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

方位を出すときの基準となるのは「60日以上寝ている場所」です。住所があるだけの場所や、本籍地などではありません。また、自宅がありながら恋人の家や実家に居候中、などという場合も60日以上寝泊まりしているようだったら、その場所があなたの「基準の場所」となります。

引越しの方位、旅行の方位は、その場所からの方位を調べて使うようにしてください。

※これを応用し、「新居を買ったが方位が悪い」といった場合には、自宅から一度仮住まいに60日以上寝泊まりしそこから新居が吉となる日取りで引越す方法があります。

これは、平安時代から「方違え(かたたがえ)」という呼ばれており、古くから用いられてきたとっておきの方法です。それぐらい方位のエネルギーは強く、無視できない存在だったのです。

紙でもネットでもアプリでもいいので「地図」を使って方位を知る

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

「きっと西のほう」などと憶測で決めず、地図を使ってください。地図は紙のもの(いわゆる地図帳)やWEB、スマホアプリなどがあるので、使いやすいものを選んでください。

紙の地図を使う場合

自宅から新居や旅行先までが見られる紙の地図を用意します。地図帳は買うか、図書館で借りるなどして手元に置きましょう。10000分の1や25000分の1などの縮尺のものがあります。

方位は、8方位に分けます。具体的には、東西南北はそれぞれ30度、北東、南東、南西、北西はそれぞれ60度と分けます。

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

地図はコピーを取り、分度器と定規を使って8方位の境界線を書き入れるといいでしょう。目当ての家や旅行先が、思っていたのとは違う意外な方位になっていたりしませんか?

東京から見ると、北海道でも西側は北方位、東側は北東方位となったりするので、吉方位引越しや旅行はこのように正確な方位を出してから行うべきなのです。また、東京から見て九州も、北部は西、南部は南西などとなります。

WEBサービスを使う場合

圧倒的に使いやすいのは「あちこち方位」です。

自宅を設定し、目当ての家や旅行先の方向を正確に調べましょう。

チェックボックスなどの細かい設定がありますが、「方位のど真ん中」をねらう方法ならこれは気にしなくてもOKです(細かい設定による差違が出そうなエリア、方位の境界線ギリギリの付近は避ければいいのです)。

また、「タオ流風水学講座」サイトもすばらしい内容でおすすめできます。

サイト内には、8方位を割り出せる「実用・方位盤」が掲載されています。方位盤をコピー用紙(薄手のものは下の地図を透かしやすいので使いやすい)にプリントして紙の地図に重ね合わせて使う方法もあります。

また、アマゾンや楽天などのネット通販では、1000円以下の安価な方位盤(透明な盤に8方位を書き込んであるため、地図に重ねて使いやすい)も売っているのでこれを手元に置くのもいいでしょう。

スマホアプリを使う場合

※iosのものを例として挙げました 「あちこち吉方位マップ」や「方位地図」がおすすめです。

スマホアプリは、GPS連動なので、自宅の場所の設定が簡単で、目的地への方位もすぐにわかるので、とても使い勝手がよいです。プロの鑑定士の中にもこれらを愛用している人がいるほどです。