水色にオーラを放つ天然石「アクアオーラ」。人工的に作られた石ですが、パワーに満ちています。アクアオーラの意味・効果・浄化方法・見分け方など、アクアオーラの秘密について説明します。

アクアブルーの輝きを有するアクアオーラは、その名のとおり水色にオーラを放つ水晶です。 美しいのはもちろんのことですが、人工的でありながら、パワーに満ちた石です。科学的な雰囲気を持ちつつも太古の大海原を思い起こさせる、相反する二つの顔を持っています。

アクアオーラとは

アクアオーラとは、自然界にそのままあった天然石ではありません。

人工的に加工が施されています。

具体的には、水晶を1600度という高熱で熱し、そこへイオン化させた純金を蒸着させています。

蒸着させる物質の種類により色もアクアブルーや、シャンパンゴールド、ローズピンクというように変化します。

この特許はアメリカ合衆国が独占的に持っています。詳しい技術は他国には伝授されていません。これからも、明かされることはないかもしれません。

アクアオーラは淡い水色ですが、角度を変えると虹色に輝き、シャボン玉を見ているような気持ちにさせてくれます。あたかも、それはアンデルセン童話の人魚姫が海の泡になり、暁の輝きとともに消えてしまったエピソードを彷彿とさせます。

アクアオーラは、人工的に作り出された水晶なので、天然物はこの世に存在しないということになります。それなのに、人気を博すのには理由があります。ヒーラーの達の間では超古代文明アトランティス時代に、このような人工的な水晶が実際に存在したと信じられているのです。

超古代文明アトランティスが存在したか否かは知る由もありませんが、心躍るロマンに満ちた話ではあります。

アクアオーラの澄んだ色合いは、確かに自然界にはないものですがパワーストーンとしては十分機能するに値すると思えます。それは、この石を手にとった多くの人が直感的に感じる共通した感想ではないでしょうか。

アクアオーラの意味

アクアオーラは、人工的に作られたものではありますが、スピリチュアルな意味の強い石です。世界中の多くのヒーラーやスピリチュアリストが神秘のパワーを見出し、好んで身につけています。

アクアオーラの石言葉

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用, http://tomobilevet.com )

石言葉も、「アトランティスの記憶」というようなサイキック的な言葉から「トラウマを手放す」「オーラの浄化」と様々です。

トラウマに人生を縛られている人がこのシャボン玉のような、またはオーロラを内包したようなアクアオーラを持つだけで、癒されていきます。非日常の中でネガティブ要素を捨て去るきっかけになるのは、わかるような気がします。地に足をつけて何かを乗り越えるというものではなく、夢の世界の力によってポジティブを呼び起こすという石なのかもしれません。

普通の天然石は太陽にかざしたりすることで、輝きを確認することができますがアクアオーラは何もせずとも、ありのままの姿が光を放っています。人間の持つオーラが呼応するように浄化されるというのも納得です。

先行きの見えない時代だからこそ神秘と調和を身に宿したアクアオーラが意味を持ち、受け入れられているのではないかと思います。他にもアクアという特性から、水に関する仕事をされている方にもオススメしたい石です。

アクアオーラの効果

アクアオーラは瞑想に適していると言われています。その瞑想は外に向かう大宇宙と繋がるための瞑想であると、尚更良いでしょう。宇宙に自己を投影し、無限に拡大していくイメージを持つときに手助けになる石です。

とくに、降霊術のような霊的な仕事を生業としている方には、良いインスピレーションが得られるはずです。他には、芸術家の可能性を引き上げて満足のいく作品を創作するときに、自分の力を超えた発想力を与えてくれます。

アクアオーラは理性よりも感性に特化した職業に従事している者へ最大限のサポートをしてくれます。

また、心に逃れられない程の傷を持ったトラウマに苦しむ人にも効果があります。自分のネガティブな殻を、優しく壊してくれるのがアクアオーラの力です。現実世界の、澱んだ苦しみと歪みをアクアオーラの持つ優しい水のような愛が浸透するとき、自然と苦しみを手放せるようになると言われています。トラウマは一朝一夕には消えていかないかもしれませんが、少しずつでも痛みを手放す勇気を与えてくれるはずです。

※これらの効果は現代医学・科学で証明されているものではないため、ご注意下さい。