ピンクが好きな人の心理や特徴は?ピンク色が好きな人は疲れてる?ピンク色の意味やピンク色が好きな人の恋愛傾向、他の人との相性などについても解説します。

女の子はピンクが好き。ピンクは女の子の色?必ずしもそうではありません。確かにピンクは優しく柔らかく可愛いイメージですが老若男女ピンクが好きという人は多くいます。

そして、実はなかなか頑固な部分も持っているのです。ピンクが好きな人はどんな特徴があるのでしょうか。

ピンク色の意味とは?

ピンク色の意味には、優しさ、包容力、女性らしさ、可憐、穏やかさ、繊細とまさに女性が憧れる意味合いと、弱さ、甘さ、ワガママ、妬みやひがみ、依頼心、など少々自己中心的な意味合いがあります。

ピンク色のバリエーションはとても多く黄味かかったピンクも青味かかった(紫系)のピンクもあります。絵具では基本的には赤と白を混ぜ合わせて作りますが、その配分でもピンクに違いが出ます。

赤味が濃ければ濃いほど赤の素質が強くなりますが、基本的に赤と白が同配分で作られたピンクには女性的で穏やかで温かい要素が多く込められています。また、ピンク色には女性らしさを高める効果もあります。

ピンク色が好きな人の心理

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

ピンク色には穏やかさと優しさ可愛らしさ、全てを包み込む癒しが秘められています。いつまでも純真で少女のように夢をみていたいと思う多くの女性がこの色に惹きつけられるのでしょう。

また、男性でもこの色を好む人は意外と多く、優しさや穏やかさ包容力を求めていたり、自分に身に着けたい、人にそう見られたいと思う人はピンクを好む傾向にあります。

そんな、優しくふんわりしたピンク色ですが、実は意外と自我が強いです。赤の素質も兼ね備えていることを忘れてはなりません。自分の理想や世界観を死守する強さを秘めているのです。そのため、自分が思うように物事が進まないと、ワガママやひがみ、他力本願や依頼心など心に秘めたマイナス面が顔を出します。

外見は穏やかで優しく可愛らしく、内面は強く芯を持っている、それがピンクの好きな人の特徴でもあります。

ピンク色が好きな人の性格の特徴10個

(1)優しく親切
(2)可愛らしい
(3)包容力がある
(4)明るくて穏やか
(5)子どものような心
(6)繊細で傷つきやすい
(7)ワガママで甘えん坊
(8)依頼心が強く他力本願
(9)独自の理想と世界観を持つ
(10)自我が強い

ピンクを好む人は優しく親切で他人のために尽力することを少しも苦だとは思わず、人を喜ばせること楽しませることも大好きです。雰囲気も可愛らしく幾つになっても夢や理想を持ち、心身共に大らかで若々しい人が多いです。

しかし、人からどう思われているか?にとても敏感で、人からの中傷や些細な言葉でも傷つき、落ち込んでトラウマになってしまうこともあります。

自分の理想や自分の世界を持っているわりに依頼心が強く他力本願なので自分の理想に反するとヘソを曲げたり人のせいにしたり、ワガママを言って自分の思う通りにしようとする傾向があります。

自我が強いため普段は穏やかでおっとりしているようで実は譲れないところは絶対譲りません。そこも無邪気で可愛い、と思われる必殺技を持っているのです。夢見る夢子でありながら中身は夢子ではない、それがピンクの特徴を持った人です。