黒が好きな人の性格や恋愛の特徴は?黒色のスピリチュアルな意味、黒色が好きな人の心理、黒が好きな男性や女性の特徴、黒が好きな人の相性などについて解説します。

黒の付く言葉といえば、ブラックリスト、ブラック企業、黒歴史、黒魔術…どれもあまり良いイメージではありませんが、ファッションでは黒はオシャレで気品もあり、どんな色にでも合うため迷ったら黒を選ぶ人も多いはず。そんな黒が大好き!という人も…。

黒が好きな人はどんな人でしょうか。

黒色の意味とは?

黒は白や灰色と共に明度と彩度を持たない無彩色の一色です。光を通さない、人間の可視領域では光を反射する事がなく全ての光や有彩色を遮断します。

そして、黒はどんな色にも染まることはありません。他の色を引き立てる色でありますがインパクトが強いので他の色の中に黒があると非常に目立ちます。

黒色の意味は強さ、闇、死、重厚、威厳、威圧、孤高、恐怖など。色のイメージでは神秘、宇宙、無意識、孤独、抑圧、哀しみなど。ポジティブにもネガティブにも取れるキーワードも多いですが、“光を通さない”という色の持つ本来の性質から他の色よりネガティブに捉えられることが多いようです。

黒が好きな人の心理

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

黒はとても強い色、白やグレーと混ぜても、同じ有彩色の灰色になるだけで、他の色のように全く別の色にはなりません。

黒色が好きな人は強く自分を持っています。便宜上、人に合わせていても基本的に根底は頑なで自分の考えを変えず、ひたすら我が道を行くタイプです。

そのため他人からは「変わり者」「面倒臭い」「非常識」「協調性がない」と思われてしまいます。しかし、黒を好む人は単に確固たる信念をしっかり持っているだけで、別に石頭でも常識ナシでも変人でもありません。

これまでの人生の経験から不安や孤独、自分の弱さに負けないよう身を守るため黒という鎧を身に着けているのです。本当はとても繊細で他者の痛みや哀しみを人一倍感じることが出来る人です。

黒が好きな人の性格の特徴10個

(1)芯が強い
(2)頑固
(3)沈着冷静
(4)寡黙
(5)協調性に欠ける
(6)感受性が豊か
(7)繊細
(8)神秘的
(9)忍耐力がある
(10)気品がある

頑固でクール、協調性もなく何事にも動じず“鬼”のような人に感じますが、それは自分の中に芯を持っているからです。人や世間に流され自分を失いたくない気持ちの表れです。自分の信念やパーソナルスペースを害されることを最も嫌っているのです。

本当は繊細で傷つきやすく、他者の感情をとても敏感に察知し共感できる情が深い部分を持っています。人から変わり者扱いされたり誤解されることで深く傷ついてしまいます。本当は誰よりも孤独や哀しみに弱いのです。

傷ついた弱い自分を表に出し同情されれば、もっとプライドが傷つくので極力干渉されないよう壁を作り人と一定の距離を置き寡黙なフリをして耐えています。傷つく辛さをよく知っているからこそ人の心にも敏感です。

冷静でブレない上、黒のイメージも重なり神秘的で不思議な人!と思われてしまうこともあります。実は“健気でいじらしいヤツ”でもあるのです。

黒が好きな人の恋愛傾向

黒が好きな人は余程気心知れた相手でない限り無理にでも恋人が欲しいとか結婚しなくても構わないと思っている人が多いでしょう。

「結婚?出来たらいいよね」という程度で強い結婚願望はありません。恋人や結婚相手がいても干渉や束縛は殆どしません。それは自分が干渉される事が嫌いだから。自身のパーソナルな部分をとても大切にしているからです。

その反面、自分を理解し受け入れてくれる人や安らげる場所を強く求めています。男性は信頼と癒しを与えてくれる女性と、女性は優しさと包容力のある男性と、いつか巡り合えることを秘かに願っています。

黒好きの人とは一度心が通じ合いさえすれば穏やかで落ち着いたお付き合いが出来ます。ただ、パートナーはその世界観を理解し接し方の匙加減を習得するまで少し大変かもしれません。