天然の水晶とうたいながら、実は偽物のガラス玉だったということがあります。専門家でも見分けるのが難しい場合もあります。本物かどうか確かめる方法はあるのでしょうか?

パワーストーンは、私たちの身近なアイテムとして当たり前の存在となっています。 インテリアとしてお部屋に飾ったり、ペンダントやブレスレットとしておしゃれアイテムやお守り代わりに身に着けてみたり、クリスタルウォーターとして美容や健康、植物に水をあげたり、夢の実現に願い事をしてみたりと生活の中で様々な使い方をされています。

特に、「水晶」は、パワーストーンの中でも一番人気です。 なぜなら、パワーストーンの様々な種類の中では「万能選手」だからです。

パワーストーンの初心者さんでも、「水晶」は総合的にどんな願いも叶えられることで知られているからです。

では、初めて「水晶玉」を買ってみた時に本物か偽物か気になることはありませんか?簡単に天然水晶とガラス玉を見分ける方法はあるのでしょうか?基本中の基本から調べてまとめてみました。

天然石とイミテーションの違いは?

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

そもそも、天然石って?イミテーションって?と、いうことからですが・・・天然石は、人の手を介さずに自然界で生成されたものです。地球から採れた岩石や有機物のことです。

イミテーションは、色や外見は天然石と似ていますが物理的な性質はまったく違うものというのが一番の特徴です。

但し、天然石の場合は市場に出回るまでに様々な処理を施されているものがほとんどです。イミテーションもガラスやスピネルを使った様々なものが古くから作られています。

水晶はどのような石?

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

氷(クリスタル)と間違われてこの名前がついたのが水晶。

石英が大きく結晶化したものです。一般的には、無色透明の結晶のことをいいます。 「二酸化ケイ素」という物質の結晶で誕生する過程で何の不純物も含まれていなかったものがはれて水晶となります。

パワーストーンの中でも古くから最も愛用され、世界中で呪術、装飾品、治療や瞑想などいろんなことに使われてきました。日本の神社でも水晶を神体としているところも多くあります。

水晶の形は、基本六角形です。自然界の色々な力が作用されるため球体やクラスターなど様々な形状の結晶が作られます。

因みにですが、例えば結晶の母岩に鉄が含まれているとアメジストといわれている紫の水晶となります。それが地熱による影響を受けると変色してシトリンという黄色の水晶となります。

ガラスと水晶の大きな違いは?

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

ガラスの成分も「二酸化ケイ素」で成分はほぼ同じです。(ほかの成分が混ざっている場合も目的によってはありますが)大きな違いは、結晶しているかいないかです。

成分は二酸化ケイ素でも規則正しく組み合わさっていません。そのために、水晶のような形にならないし、重さや硬さ、熱の伝わりやすさは水晶とは違います。分子が規則正しく配列している状態を結晶といいます。

結晶は、等軸、正方、六方、斜方、単方、三斜の六つに分類され、それを結晶といいます。水晶の場合、規則正しく組み合わさっていますので先端のとがった六角形の形になります。

人工水晶というものもあります。石英を溶かしたまま、結晶していないもののことです。ガラスとほとんどかわりません。

お店などでは、本水晶と販売されていることもあるので気をつけてください。模造石は、ガラスに鉛などを含ませることで宝石を模造化商品とした石です。ラインストーンなどのことです。