ツインレイ2人だけのサイン!2人だけの世界は?ツインレイは運命の相手です。そんなツインレイ同士ならではのサインや現象などについて説明します。ツインレイを見分けるときにも役立ちます。

ツインレイといえば、運命の相手とも言えるような相手ですよね。実はそのツインレイ同士が出会うと、二人だけしかわからない、二人だけの世界を体験することになると言われています。

そこでこの記事では、ツインレイの二人だけのサインとは何かということについて解説していきます。

ツインレイは二人で一つ?

ツインレイは二人で一つと言えるような存在です。そもそもツインレイは元々一つだった魂が二つに分かれ、それぞれが命となった存在です。元々一つの魂だったが故にお互いが引き寄せ合い、互いにとっての唯一無二のパートナーとなります。

そしてツインレイ同士が出会うと、魂が繋がり、統合までの道を歩んでいくことになります。その魂の繋がりにより、他の人では感じられない、二人だけが感じられる特別な感覚を感じられるのです。

同じ考えを共有できたり、出会った瞬間に特別な感覚を感じたりと、ツインレイカップルにしか感じられない様々な感覚が存在します。だからこそ、ツインレイは運命の相手とも言われるのです。

ツインレイの二人だけのサイン7個

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

ツインレイには、二人だけがわかる様々なサインがあります。ではそのサインとは具体的にどのようなものなのでしょうか。

1. 初対面なのになつかしく感じる

ツインレイの二人だけのサインとしては、初対面なのになつかしく感じるというサインがあります。ツインレイは元々一つの魂だったものが二つに分かれた存在です。それぞれが命となり、この地上に誕生したわけです。

つまり、肉体としては初対面でも、魂としてはひさしぶりの再会となります。そのため、初対面なのにも関わらず、昔どこかで会ったことがあるようななつかしい感覚を感じるのです。これはツインレイだけが感じる特別な感覚です。

2. シンクロニシティが起こる

シンクロニシティとは、奇跡的な偶然のことです。会う約束もしていないのに街中でばったり会ったり、同じタイミングで同じ物を購入していたりというようなことを、シンクロニシティと言います。

ツインレイは元々は同じ魂を持っており、出会った瞬間に魂が繋がります。そのため、似たような行動を取ったり、自然と引き寄せ合ったりするため、シンクロニシティが起こる可能性が高いのです。人によっては、一週間の中で何度もシンクロニシティが起こるという人もいます。

3. 絶対的な安心感を感じる

ツインレイは元々一つだった魂を持つ相手です。元々は一つの魂として同じ時間を過ごしてたこともありますし、自分と同じ魂を持つ相手ですので、他人という感じがしません。そのため、他の誰と一緒にいるときよりも安心感を感じます。

自分の全てをさらけ出せるような絶対的な安心感で、それは初対面のときから感じるでしょう。他人のはずなのに、自分自身と一緒にいるような安心感があり、その感覚を相手も感じているのです。