JALのLCC「ZIPAIR/ジップエアー」

2018年5月にJALが新事業でLCC航空会社を設立し、2019年3月に「ZIPAIR /ジップエアー」が誕生しました。

*社名は「ZIPAIR TOKYO/ジップエアー トーキョー」

ベースは東京、成田国際空港。

使用機材はボーイング787-8型機。

航空機の整備はJALが担当するとのこと。

社名の由来

参照:ZIPAIR

「ZIPAIR」の名称は、矢などが素早く飛ぶ様子を表した擬態語のZIPから生まれた造語で、「フライトの体感時間が短い」エアラインであることを表現しています。

さまざまな場所を表す「ZIP CODE/郵便番号」や、デジタルファイルフォーマットの「.zip」のイメージを盛り込み、「至る所に日本人らしい、計算し尽くされた移動体験を目指す」という想いがこめられているとのこと。

コロナウィルスの影響で就航が遅延

参照:ZIP AIR

2020年 5月14日の成田 – バンコク/スワンナプーム、7月1日の成田 – ソウル/仁川の就航を目指していたZIPAIRでしたが、コロナウィルスの影響により就航を延期。

国際線運航の見通しが立たない航空事情の中、6月3日(水曜)に貨物専用便として、成田 – バンコク/スワンナプーム線の運航を開始しました。