普段の生活で何気なく買っているものでも、海外から日本に持ち込めないものが沢山あるのをご存知でしょうか。

今日は意外と知られていない「日本に持ち込めないお土産」の話です。

せっかく買ったのに、日本の空港到着後に破棄しなければならないことも!

そうなる前にぜひ読んでくださいね。

肉製品の日本への持ち込みについて

ビーフジャーキーは日本持ち込みNGって知ってるけど、その他の肉製品は?

残念ながら、殆どの肉製品は日本に持ち込みできません。

生肉でも焼いてあってもダメです。

ソーセージ、ベーコン、ポークジャーキーなどもNG。

空港でハンバーガーを買って、食べきれずに機内で食べようと持ち込んだものの、機内食を食べてしまって結果的に日本に持ち込んでしまうこともあるのでお気を付けください。

肉製品でも缶詰ならいいの?例えばスパムの缶詰

肉製品はたとえ缶詰でも、到着した日本の空港の「動物検疫」に提出し検査を受けなければなりません。

缶詰は通常、高温殺菌処理がされているため多くの物が大丈夫なのですが、「缶に入っていればよい」とは言えない理由があるとのこと。

それは高温殺菌されず、ただ「缶に詰めただけのもの」も存在するからだとか。

そのため缶詰であろうと、肉製品を持ち込む際には必ず動物検疫に立ち寄って品物を見せないといけないということです。

ハワイで購入するスパム缶は、あっという間に検疫終了ですので面倒がらずに動物検疫へ。

検疫を通したものにはこんな紙を貼ってくれるので、ちょっとした話のネタになるかも!

果物・植物は日本に持ち込めない?

果物の日本持ち込み規制について

ハワイにいくとパイナップル、パパイヤ、マンゴー、パッションフルーツなど、南国ならではのフルーツが街のあちこちで目につき、つい買いたくなってしまうことありませんか?

海外のフルーツの多くは日本へ持ち込むことができません。

例えば下記の果物は持ち込み禁止です。

  • オレンジ等のかんきつ類
  • キウイフルーツ
  • さくらんぼ
  • バナナ
  • パパイヤ
  • グァバ
  • マンゴー
  • りんご 上記はあくまでも一例です。

    パイナップルは禁止ではありませんが、検査証明書の添付が必要です。

    検査証明書の添付は、2018/10/1より海外から日本へ植物や果物を持ち込む際に義務付けられています。

    証明書の添付がない場合はその場で破棄せざるを得ません。

    検査証明書の発行手数料も1枚61ドルとかなりの高額で、各自がハワイの空港の植物検疫のブースで手続きしなければなりません。

    *発行手数料は国によって違いがあります

    証明書の発行には時間がかかることもあるとのことですので、時間に余裕をもって空港へ行かれることをお勧めします。

    もし特別なルートで検査証明書付きの物を買ったとしても、日本の到着空港の植物検疫で検査証明書を提出して検査を受ける必要があります。