ツインレイは20代で出会う?若い時に出会うことはある?同級生や同い年のことは?ツインレイと出会う年齢や出会う時期、ツインレイと出会って結ばれる方法などについて解説します。

ツインレイに出会うのは、40代など、ある程度年齢を重ねてからが多いという話をよく耳にしますよね。では、20代でツインレイと出会うということはないのでしょうか。

そこでこの記事では、ツインレイと20代で出会うことはあるのか、若い時にツインレイと出会う方法などについて解説していきます。

ツインレイとは?

ツインレイとは、元々一つだった魂が二つに分かれた存在です。二つに分かれた魂はそれぞれが命となり、この世界に誕生します。その片割れのペアのことをツインレイと呼ぶのですが、ツインレイは片割れの魂を持つ人と出会うことを悲願としています。

ツインレイのペアは男女であることがほとんどで、出会うと恋に落ちます。そして魂を統合させるために、様々な試練を二人で乗り越えていくことになるのです。

二人が統合すると、今度は多くの人々を救うための活動を行います。ツインレイには他人を幸せに導くという使命もあるからです。そのような活動を行いながら、世界で唯一のパートナーと幸せを育んでいくのです。

ツインレイは20代で出会う?

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

ツインレイと20代で出会うという人は、それほど多くありません。ツインレイと出会うのは、ある程度魂を成長させてからとなるため、必然的に40代が多くなります。

しかしツインレイと出会うだけであれば、20代で出会うのも珍しいことではありません。20代で出会うのですが、その時には恋に落ちることもなく、相手がツインレイであることにも気づけないまま、お互い別の人生を歩むのです。

そしてある程度年齢を重ねた頃に二人が再会し、この人が運命の人だったのかと気づくこともあります。そのため、統合するのはもっと先の話ですが、出会い自体は20代の時点で終えているということも少なくないのです。

ツインレイと出会う年齢や出会う時期

ツインレイと出会う年齢としては、30〜50代が多いとされています。もちろん20代で出会う人もいないわけではありませんが、ほとんどの人はもっと年齢を重ねてから出会うのです。

ツインレイと出会う時期は、魂がツインレイと出会えるまでに成長した時期です。ツインレイが統合するためには、ある程度魂が成長していなければなりません。ツインレイとの付き合いの中で様々な試練を乗り越え、魂を成長させていくのですが、出会う段階にまで魂が成長していないと、ツインレイと会うことすらできません。

仮にツインレイと出会っていたとしても、魂が未熟であれば、その相手がツインレイであることにすら気づけないでしょう。しかし逆に言えば、魂の成長スピードが早ければ、若くしてツインレイと出会えることもあるということです。

ツインレイが同級生や同い年のこともある?

ツインレイが同級生や同じ年ということもあります。幼馴染ということもありますし、同じ地域で育った相手がツインレイだったということもあるのです。

しかしもちろん、必ずしも同級生や同じ年がツインレイというわけではありません。むしろツインレイが同級生になる確率はそれほど高くないでしょう。稀にそのような場合もあるという話です。

また、ツインレイが同級生だとしても、学生時代にはそのことに気づけないことも多いです。大人になって同窓会で再会した結果、実はその人がツインレイだったと気づくというパターンが多いため、同級生だとしても結ばれるまでには時間がかかることがほとんどです。

ツインレイの年が近い時の関係は?

ツインレイの年が近い時の関係は様々なものがあります。ただの同級生という関係性の場合もありますし、子供の頃からずっと一緒に過ごしてきた幼馴染ということもあるでしょう。

同じ学校の先輩や後輩、会社の同僚という場合もあります。しかしツインレイは付き合うためにはハードルがある関係性であることが多いです。それを乗り越えることこそが試練となるからです。

そのため、親同士の仲が悪い同級生であったり、年は近いけど相手はすでに既婚者だったりすることもあります。