沐浴には何が必要?やり方は?と初めての沐浴では戸惑うことも多いはず。事前に必要なアイテムを揃えておき、手順をしっかりおさらいしておきましょう。また、沐浴を避けた方がいい場合など注意点も合わせてご紹介します。

赤ちゃんの沐浴とは?

赤ちゃんの沐浴のやり方! 必要アイテム、新生児を洗うコツ、わかりやすい動画も紹介!
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

新生児のうちは、ベビーバスを使う沐浴という方法でお風呂に入れてあげる必要があります。新生児の赤ちゃんは抵抗力が弱く、へその緒から細菌が入りやすいため、パパママと同じお風呂に入ることはできません。赤ちゃんは汗をかいたり、うんちでおしりが汚れたりするので、沐浴できれいにしてあげましょう。生後1ヶ月健診で医師の許可がでれば、赤ちゃんは大人と同じお風呂に入ることができますよ。

沐浴に必要なアイテムは?

赤ちゃんの沐浴のやり方! 必要アイテム、新生児を洗うコツ、わかりやすい動画も紹介!
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

・ベビーバス
・洗面器(お湯をためられるものであればOK)
・ベビーソープ(沐浴剤でもOK)
・ガーゼ2枚(大判と小さめのものを用意)
・温度計(あると便利)

沐浴剤は石鹸を使わなくても汚れが落とせる全身洗浄料で、デリケートな赤ちゃんの肌にも使うことができます。また保湿効果もあり、洗い流す必要もありません。大判のガーゼは沐浴布、小さめのガーゼは洗い布と呼ばれています。温度計があると正確にお湯の温度が把握できるので安心ですし、数百円で手に入る温度計もありますよ。

おすすめの沐浴温度計:ドリテック デジタル湯温計 ガーくん

お湯の温度を測る時は、温度計をベビーバスのお湯に浮かべるだけ。40℃超えると、赤いランプが付きます。デジタルなので温度計のメモリを見る必要がないので便利です。

沐浴の準備(赤ちゃんを裸にする前に)

赤ちゃんの沐浴のやり方! 必要アイテム、新生児を洗うコツ、わかりやすい動画も紹介!
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

赤ちゃんを裸にする前に、沐浴の準備をしておきましょう。お風呂から出た後もスムーズに着替えができるよう、赤ちゃんを裸にする前に準備しておくことが大切です。

沐浴の準備1:バスタオル、着替えを準備しておく

沐浴後の赤ちゃんをスムーズに拭いて着替えさせられるよう、バスタオルや肌着、ベビー服、おむつなどをセットしておきましょう。肌着は紐を解いて、下からベビー服、肌着、おむつの順に広げて重ねておきます。バスタオルは着替えセットの上に広げ、お風呂から上がった赤ちゃんをすぐに拭いてあげられるようにしましょう。

お風呂あがりに保湿やスキンケアをする場合は、バスタオルや着替えセットと一緒に準備しておきましょう。

沐浴の準備2:ベビーバスに38℃前後のお湯をはる

沐浴のお湯は38℃前後が適温です。冬はお湯が冷めやすいので40℃くらいのお湯で準備するといいでしょう。沐浴剤を使う場合は、沐浴剤をお湯に溶かしておきましょう。