幼児食の主菜レシピおすすめ3選

幼児食の簡単レシピおすすめ12選! おやつ、年齢別で食べる量や進め方も紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

ご飯がもりもり食べられる大人気の主菜を3つご紹介します。主菜は取り分けがしやすいため、大人の献立を考える時にも参考にしてみてくださいね。

豚のしょうが焼き

ご飯に載せたら豚丼にもなる生姜焼きは、子供に大人気のメニューの1つです。しょうがが苦手な子供もいるため、初めて食べる時は香りの強い生しょうがではなくチューブを使用するといいですよ。

麻婆豆腐

辛い味付けをする前の麻婆豆腐なら、子供も一緒に楽しめます。豆腐をなすに変えたら麻婆なすにもなりますね。とろみがあるのでお肉が苦手な子も飲み込みやすいです。

鮭のちゃんちゃん焼き

主菜に魚を取り入れたいなら、子供が食べやすくスーパーでも手に入りやすい鮭やタラがおすすめです。ちゃんちゃん焼きなら魚も野菜も一緒にとれます。子供は小さい骨でもかみ砕けず喉を傷つけてしまうことがあるので、事前に取り除いてあげましょう。

幼児食の野菜レシピおすすめ3選

幼児食の簡単レシピおすすめ12選! おやつ、年齢別で食べる量や進め方も紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

野菜が中心の副菜をご紹介します。少ない材料で手軽に作れるものが多いので、あと一品欲しい時にぜひ参考にしてみてください。

ほうれん草のバターソテー

ほうれん草ににんじんとコーンをプラスした色合い豊かなバターソテーです。にんじんは事前に下茹でもしくはレンジで温めてあげると子供もおいしく食べられますよ。ベーコンなど塩気のあるものを加えると大人のおかずとしても使えます。

にんじんシリシリ

にんじんと卵だけで作れるお手軽おかずです。味付けは塩のみですが、にんじんの優しい甘味でおいしくいただけます。冷凍保存もできるのでお弁当のおかずとしても使えます。忙しいママにもピッタリの副菜です。

ブロッコリーとちりめんじゃこの和え物

子供が好きなブロッコリーを使った副菜です。ちりめんじゃこの量を増やしたら大人向けの副菜としても使えます。ブロッコリーは茹でてしまうとうまみや栄養が逃げてしまうため、蒸し煮にするのがおすすめです。