夢だと気づいてはいけない夢の特徴とは?どんな夢が気づいてはいけないとされる?危険性は?夢の内容やそんな夢を見るメリット・デメリットなども解説します。

あなたは今日、どんな夢をみましたか?ヒトは一度の睡眠で平均3~5回の夢を見ているといいます。

良い夢でも悪い夢でもその内容をハッキリと覚えている夢、全く忘れてしまった夢などもありますが、夢の中で「これは夢」と自覚している夢を明晰夢といいます。それは気づいて良かったのか?気づいてはいけない夢だったのか?

そんな、明晰夢について紹介します。

夢だと気づいてはいけない夢「明晰夢」とは?

「明晰夢」は、夢の中で「これは夢」と自覚しながら見ている夢です。睡眠は深い眠りの「ノンレム睡眠」と浅い眠りの「レム睡眠」の2つのサイクルを繰り返し、体や脳を休息させ、心身のバランスを整え生命活動を円滑にするよう整えています。

明晰夢は眠りが浅いレム睡眠の時に見ると言われています。実際の体験のようなリアル感覚なので、脳は通常の夢より活性化し働きます。

しかし、それでは睡眠の役割が果たせずバランスが崩れ日常生活や健康に支障が出てしまいます。特に恐怖や不安を伴う明晰夢は目覚めても疲労感が拭えないため、夢だと気づいてはいけない夢といえます。気づかなければいいのですが、気づいてしまうから明晰夢なのです。

明晰夢の特徴7個

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)
  • 夢の中で夢だと自覚している
  • 明晰夢のほとんどは途中で気付く
  • 自覚しているにも関わらずリアルで受ける感覚が強い
  • 現実の出来事や願望が反映されている事が多い
  • 起きようと自覚しても思うように覚醒できない
  • 目覚めた時に疲労感がある
  • 夢での行動をコントロールすることが出来る

基本的に明晰夢は夢の途中から気づく場合が多いですが、夢の導入からすでに気づいている場合もあります。楽しく幸せな内容もあれば、不安や恐怖、焦りを伴うネガティブなものもあり、現実で起きた事や願望が反映された内容であることが多く実体験のようにリアルに感じます。

楽しく幸せな夢であれば癒しやストレス解消の効果もありますが、怖い夢や不安な夢はよりリアル感が強く、目覚めた後にもその感情が強く引き継がれ記憶に残りやすいことが特徴です。

明晰夢だからもう止めよう!と思っても上手く覚醒することが難しく身動きがとれず、まるで金縛り状態。なかなか夢から抜け出せません。実際はわずかな時間でも夢と現実の時間軸は異なるため長時間を夢に囚われています。

そのため目覚めた時には深い疲労感や不快感が残ります。けれど、明晰夢をよく知りコツさえ掴めば自分でコントロール出来るといいます。そうなれば悪夢を軽減することも可能です。

明晰夢の危険性

最近の研究ではレム睡眠でもノンレム睡眠、どちらの場合でも夢は見ているとされています。1度の睡眠で3~5回程度このサイクルを繰り返し、チャンネルを切り替えるように別の夢を見ているといいます。

通常、レム睡眠とノンレム睡眠が上手くバランスを取りながら身体と脳を休ませ生体機能を整え、日常生活で習得した情報を整理するのですが、明晰夢を見るとそのバランスが崩れ脳の活動も活発となるので本来の睡眠の役目を十分に果たせなくなります。

人間は丸2日一睡もせずにいると思考能力や判断力、体力や気力が著しく低下し、事故や病気に繋がる恐れや精神のバランスも崩してしまう可能性があります。明晰夢をよく見るという人は、正しい睡眠のプロセスが乱された状態が増えることになりますので特に注意が必要です。