亡くなった人を思い出すと涙が出る時の対処法は?亡くなった人に会いたい…なんで死んでしまったの?そんな気持ちになることもあるでしょう。亡くなった人を思い出すスピリチュアルな意味や対処法を解説します。

親しい関係の人がこの世を去ると、故人を思い出しては涙を流す生活を過ごすことになりますよね。しかし「いつまでも泣いていては、死んだ人の供養にならない」という人達もおり、その言葉にも一理あるのです。

故人を偲んで涙を流すことは大切ですが、残された人が前を向いてしっかりと生きていくことこそ、死んだ人への供養になるでしょう。

そこで今回は、亡くなった人を思い出すと涙が出る時の対処法をご紹介します。

亡くなった人を思い出す心理

亡くなった人を思い出す気持ちというのは、亡くなってからの月日の長さによっても変わります。

<日が浅い時期>

亡くなってから日が浅い時期には、「懐かしさ」や「会いたい」という恋しさが募ると、自然と故人を思い出すことがあります。会いたい時に会えていたのが急に会えなくなり、生前の姿を思い出して心の中で会っているのです。

また、大切な人を失ってしまったことに対する「喪失感」や「寂しさ」を感じた時にも、それを埋めるために思い出すこともあるでしょう。

<月日が経った時期>

亡くなってから月日が過ぎると、自分の人生の1ページとして、故人を思い出すこともあります。また、心の傷が癒えず、いつまでも思い出してしまうこともあるでしょう。

亡くなった人を思い出すスピリチュアルな意味

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

スピリチュアル的には亡くなった人を思い出すと、故人からのメッセージを感じるようになるといわれてます。

死んだ人は魂という存在になり、自分と縁がある相手を見守ることができるといわれているのです。「自分が守っているよ」と伝えるために、思い出させてくれることもあります。

また、存在を忘れないで欲しいと訴えている場合にも、潜在意識に働きかけて思い出させてくれる場合もあるといわれているでしょう。

そして故人への愛情を再確認する意味や、魂での繋がりや縁がある相手だったことを認識させる場合にも、思い出すことがあるのです。

亡くなった人を毎日思い出す理由

亡くなった日から月日が経過しても毎日思い出すのは、故人の大切さを痛感している場合や、愛情が深かったことを認識している場合になります。

自分の日常生活の中に存在していることが当たり前の日々を過ごしてきましたから、毎日のルーティーンになっているのです。

食事をする・くつろぐ・寝るといった普通の行動の中にも故人が存在していることが普通になっていたので、毎日思い出すのでしょう。

また毎日思い出すことで、自分の心に空いた喪失感などを忘れるためという理由もありますね。生前の姿を思い出すことで暖かい気持ちになり、自分の心が落ち着くのです。

そして信仰している宗教によっては、毎日仏壇に手を合わせて思い出すことが供養に繋がるという場合もあるでしょう。

急にふと亡くなった人を思い出す理由

亡くなった人を急にふと思い出す時には、自分の近くにいることを教えてくれています。死んだ人の姿を見る力がない人には、近くにいても姿が見えませんよね。

しかし死んだ人が近くにいると教えるために、エネルギーを送って教えており、エネルギーを受信した時に思い出すといわれているのです。

そして命日などが近い時期だった場合には、日常生活の中で忘れていても、思い出させるためにエネルギーを送ってくれる場合もあるでしょう。

また、亡くなった後で見守ってくれている場合には、危険を知らせる・注意をする場合にも、急にふと思い出させることもありますので注意してください。