女性の大きな悩みのひとつが髪質です。硬くてゴワゴワ、うまくまとまらないし、髪の毛がボワっと広がってしまうのも気になるところです。なんとかしたいと思っている方も多いのではないでしょうか?今回は、髪がゴワゴワになる原因と、髪質の改善方法をご紹介します!

髪の仕組みを知ろう!

艶があってサラサラした髪、女性なら誰でも憧れますね。 くせ毛でヘアスタイルも決まらず悩んでいる女性も多いかもしれません。 パサパサ、ゴワゴワでヘアスタイルもなかなか決まらない、苦労するし憂鬱ですね。

新しいシャンプーを試して見たり、美容室で定期的にトリートメントをして髪に栄養を与えたりして、ヘアケアしている女性も多いでしょう。

髪がゴワゴワになる原因7つ!髪質の改善方法は?
(画像=『lovely』より引用)

髪の仕組みを知って、ゴワゴワ、パサパサの原因を突き止め改善しないと、いつまでもゴワゴワしたままです。 また、枝毛や切れ毛の原因にもなり、余計に髪の状態が悪化してしまいます。

髪の毛はおもに3つ物質から構成されています。 1番中心部分の髪のハリやコシの強さとなる部分のメデュラ。 これは痩せた髪や産毛では存在しないこともあります。 次にメデュラを取り囲み、髪の約8割以上を構成する部分のコルテックス。 これは、髪の強度やコルテックス内にあるメラニン色素によって、髪色を決定する部分です。髪の栄養や水分を保つ部分でもあります。 そして1番外側のキューティクル。 髪をコーティングし守っているうろこ状の保護膜です。

髪のゴワゴワやパサパサは、このキューティクルがなんらかのダメージを受けて傷んでしまったり、うろこ状の重なりの部分が剥がれてしまい、ここから髪の大切な水分が蒸発したり、タンパク質が抜けていくのが原因となります。 それが原因で髪の毛が細くなってしまったり、枝毛が多くなってしまい、髪がゴワゴワしたり、パサパサになってまとまりにくくなってしまうのです。

髪の毛の1番重要な部分がこのキューティクルなのです。 キューティクルがどのようにして損傷するのかを知ることが、髪の健康を知ることなのです。

髪がゴワゴワになる原因7つをご紹介!

それではなぜ、このキューティクルが剥がれてしまうのでしょう? 気になりますね。 くせ毛をなかなか直すことができない、ヘアスタイルを思ったように決めることができない、そういった悩みは髪のケアが疎かであることが原因です。 ヘアスタイルを思うようにしたければ髪のパサパサ感を直すことが大事です。 髪のゴワゴワを直す方法、キューティクルを傷つけるおもな原因7つをご紹介したいと思います。

髪がゴワゴワになる原因7つ!髪質の改善方法は?
(画像=『lovely』より引用)

髪がゴワゴワになる原因①パーマやカラーリング

くせ毛の場合ストレートパーマをあてたり、ヘアスタイルを変えるためにパーマをあてたりします。 また、カラーリングすることで、イメージチェンジをしたりしますね。

パーマやカラーリングは、薬剤によってうろこ状のキューティクルを開き、その中のコルテックスに薬剤を浸透させていきます。 パーマやヘアカラーの薬剤の1液は、強いアルカリ性のものです。 市販のものも美容室で使っているものも強いアルカリ性の液体です。 髪をアルカリ状態にすることでキューティクルが開くのです。

パーマの場合、髪のシスチンの結合をバラバラにして、形を作ってから2液の過酸化水素水で再度シスチンを結合させて定着させます。 ヘアカラーの場合、開いたキューティクルの間に染料を入れ、2液の過酸化水素水などで色を出し定着させます。

この工程で、キューティクルが剥がれ、髪が痛むのです。また、枝毛や切れ毛につながります。

髪がゴワゴワになる原因②紫外線

女性にとっては紫外線は、髪だけでなくお肌の大敵でもありますね。 夏になると、日焼け対策に頭を悩ませる女性もお多いのではないでしょうか。

紫外線を多く長時間浴びることによって、髪の毛だけではなく、頭皮も大きなダメージを受けてしまいます。 日焼けはキューティクルを剥がし、うろこ状の重なりを悪くしてしまいます。 また、髪のタンパク質にダメージを与え、乾燥しやすくなり、髪の色が赤っぽくなったりします。

髪がゴワゴワになる原因7つ!髪質の改善方法は?
(画像=『lovely』より引用)

特に夏は海やプールでたくさんの紫外線を浴びますね。 水に濡れているぶんキューティクルが開き、剥がれやすくなるため髪の乾燥、くせ毛の原因となります。

さらに、紫外線はキューティクルだけではなく、頭皮の老化にも繋がるのです。