友達が塾に通うようになったと聞くと、そろそろ家も塾に行かせるべきかどうか迷う人も多いのではないでしょうか。でもどんな点に注意して塾を選んだらいいのか分からないものですよね。ここでは塾選びを検討している人のために、注意して欲しいポイントを10個ご紹介したいと思います。

小学生が塾を利用している実態

小学生の塾選びはどうすればいい? 補習塾、進学塾? 個別指導塾? チェックしておきたい10のポイント
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

小学生になると、どれくらいの子が塾を利用しているのか気になるものですよね。そんな塾の実態を把握すべく、ベネッセは「学校外の学習機会」について調査を行いました、「あなたは今、放課後や休日に、学習塾や予備校へ行っていますか。行っている人は、週に何日行っていますか」という質問をしたところ、下記のような結果になりました。

回答 割合
行っていない 50.6%
1日 8%
2日 16%
3日 8.7%
4日 3.2%
5日以上 2.5%
無回答 11.1%

参考:ベネッセ教育総合研究所「学校外の学習機会」

塾に行っていないのが半数を超えているのに対して、通っているのが1日から5日以上まで均等に分かれています。これをクラスに当てはめると、クラスの半分は塾に行っていないと読み解くこともできます。友達が塾に通い始めると、家元焦りますが、実態を見ると、個々の家庭によって塾の考え方が違うことが分かります。

小学生の塾選びの注意点

小学生の塾選びはどうすればいい? 補習塾、進学塾? 個別指導塾? チェックしておきたい10のポイント
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

急いで塾選びをしなくてもいいことが分かったところで、 ここからは、将来的に通う場合、塾選びのポイントについてご紹介したいと思います。

塾の種類で選ぶ

塾と言っても、補習塾と進学塾、そして受験対策用の塾と専門塾など塾に種類があります。まずは、それぞれの違いを見て行きましょう。

塾の種類1 :補習塾

補習塾とは学校の授業を復習として補う目的で、復習がメインになります。分からなくなってしまうと、つまずきの原因になってしまうので、苦手意識を克服するなら補習塾がおすすめです。

塾の種類2 :進学塾

進学塾は、その名の通り、進学を目的とした塾で、一般入試で受験する人向けの指導が受けられます。また、長期的に勉強を継続させたい場合や、進学に向けて利用しながら、授業の予習と復習、振り返りを行うという使い方もできます。

塾の種類3 :受験対策

進学という点では同じですが、受験対策の塾は、私立の難関中学や高校など、受験する学校が明確に決まっている場合、受験専門の塾を選ぶ必要があります。それは、塾によって強みが違うため、受験の難易度に応じて確実に合格に導いてくれる場所を選ぶ必要があるためです。難関と呼ばれる学校や、人気がある学校を目指す人は、受験対策専門の塾がおすすめです。

塾の種4 :専門型

学習塾は国語・算数・理科・社会の4科目がベースですが、英語やプログラミング、理科の実験など、科目に特化した専門型の塾も増えてきています。好きな科目をもっと伸ばしてあげたい人や、逆に苦手科目を克服させたいという人は専門型の塾を検討してみましょう。