昔も今も大人気のキャラクターといえば、ミッキーマウスですよね。手作りカードなどに可愛いミッキーマウスのイラストを描くことが出来たら良いなと思う人のために、ミッキーの描き方を紹介していきたいと思います。描き方をマネして、可愛いイラストを描いちゃいましょう!

とっても可愛いミッキーマウス!

ミッキーマウスは昔も今も変わらず大人気のディズニーキャラクターです。 子供から大人まで好きな人の多いミッキーマウスですが、イラストを描こうと思うと思うように描くことが出来ない人が多いのではないでしょうか?

最近では手紙を書くことが少なくなってしまったため、なかなか友達との手紙にイラストを描くという機会も減ってしまったとは思います。しかし、誕生日の手作りメッセージカードや最近人気の結婚式の招待状にイラストを描く際に可愛いミッキーマウスを描くことが出来たらディズニー好きのお友達ならきっと喜ばれますよ。

ミッキーの描き方は難しい?

一見、ミッキーマウスの顔はとても単純で描きやすそうに見えます。しかし、描いてみると意外とバランスが難しく、手作りのメッセージカードに描いてみたはいいもののなんだか違う…となった経験がある人もいるのではないでしょうか?

2016年までは、ミッキーマウスだけではなく様々なディズニーキャラクターや季節ごとのミッキーマウスなどの描き方を教えてくれる「ディズニードローイングクラス」がディズニーランド内で行われていました。 しかし現在では終了してしまっているため、教えてもらうことが出来ません。

そこで、ミッキーマウスの簡単な描き方を紹介していきたいと思います。 難しい横顔も、練習してコツを掴むことで簡単に描くことができるようになりますが、今回は前向きの顔と全身の描き方を紹介していきます。

【ミッキーマウスの描き方】正面の顔

いきなり横顔にチャレンジしようと思っても、バランスを取ることが出来ないため難しいですよね。 しかし、ミッキーマウスの正面の顔だけであれば、マスターしてしまえばちょっとしたメモや手作りのプレゼントなどにすぐ書き込むことが出来ます。

コツはほっぺや笑ったアゴを自然にふっくらさせることを忘れずに描くことです。 これを忘れると笑っているのにどこか不自然な表情になってしまうため、描きあがったときに「なんか変…」となってしまうので気を付けてくださいね。

【ミッキーマウスの描き方】

1. 出来るだけまん丸になるように円を描き、目や鼻の位置の補助線を十字に書き込みます。 このとき、横線は中心より少ししたに描きましょう。

2. 横の補助線を目安に、鼻の上の線を描き、それに合わせて目を描きます。

3. 笑ったときの口角が鼻の横になるように描きます。 このとき、最初の円から口がはみ出してOKです。

4. 円と中心の線の真ん中程度からぷくっとしたほっぺを描きます。 このとき、おでこからほっぺまでの卵形の線も忘れないようにしましょう。

5. 必要の無い線を消して、色を付ければ完成です。