白い光のスピリチュアルな意味とは?正体は心霊写真のオーブ?白い光のオーラ?普段の写真や神社で撮った写真に写ったときの意味は?白い光がスピリチュアルかどうかの確認方法も解説します。

白い光が写り込んでいる写真を見た場合には、心霊写真だと思ってしまう人が多いですよね。写真を撮影した人に悪い出来事が起きる前触れなどと捉えてしまい、恐怖心が芽生えることもあるでしょう。

しかし写真に写り込んだり自分の目で目撃したとしても、放っている光の色によって意味が異なります。

そこで今回は、白い光の持つ意味について触れていきますので、その意味や届けられているメッセージに気づくキッカケにしてください。

白い光の正体は?オーブ?

全ての白い光をオーブと断言することはできませんが、中には魂や自然霊の姿がオーブとして現れている場合もあります。目視で白い光が確認できる時には、その光はオーブです。

ただ、空気中に漂っているチリやホコリといったものが、自然光やフラッシュなどに反射してオーブのように見える・写ることもあります。オーブが写っていると思う写真の多くが、オーブではなくチリやホコリの反射です。

白い光が見えるスピリチュアルな意味

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

スピリチュアル的に白い光に悪い意味は含まれていませんので、何も心配する必要はありません。

浄化された後の魂や神様などの高次元のエネルギー体といった意味があり、時には幸運が訪れる前触れという意味もあります。悪いエネルギーが浄化されていますから人に危害を加えることはありませんし、神様や自然霊といった場合にも危害を加えることはないでしょう。

また、神社や仏閣といった神聖な場所には神様・仏様のエネルギーが満ちていますから、白い光として見えることがあります。

そして、自分を守ってくれている守護霊や先祖霊といった霊体エネルギーが、白い光として見える場合もあるでしょう。

神様・仏様から歓迎された場合や、守護霊などから自分に何かしらのメッセージがある場合には、それらを教えるために白い光として現れることがあります。

白い光のオーラの意味は?

オーブと同じように白い光のオーラにも浄化という意味があり、純粋さという意味も含んでいます。人の心にある負のエネルギーなどを綺麗に浄化することができる心の持ち主や、力がある人という意味に捉えることができるでしょう。

白い色というのはどんな色にも染まっていない色ですから、無垢な子供のように純粋な心を持っているともいえるのです。

そして白いオーラをまとっている人は純粋な心を持っていますから、繊細な性格をしており、打たれ弱い部分も持ち合わせていますね。

純粋な心を持っていますから誰とでも親しくすることができるのですが、その反面で心ない人達から嫌われてしまう場合もあるので注意してください。

また白い光のオーラの人は、基本的には自分から積極的な行動をせずに受け身が多く、弱っている人やご年配の人達から好かれる傾向が強いという特徴もあります。

写真に白い光や白い筋の線が写る意味

撮影している人・被写体になっている人が高いエネルギーを放っている場合や、撮影した場所そのものが浄化されている場合には、写真に白い光や筋の線が写ることがあります。撮影した瞬間にエネルギーが放たれており、偶然に写り込んでしまっただけなのです。

また神聖な場所で撮影した場合には、その場所を守っている自然霊の化身という捉え方もできるでしょう。

そして天使や精霊といったものたちが近くにいる場合にも、白い光の筋となって写真に写ることもありますね。

いずれの場合であっても白い光が写る写真に悪い意味は含まれていませんので、恐怖心を抱く必要はありません。