老後に必要な資金は2,000万以上?

人生をHAPPYにプロデュース!あなただけのマネープランを届けるファイナンシャルプランナーの戸松優子です。

皆さんは老後資金の準備できていますか?
日経生活モニターの調べによると、老後資金づくりに計画的に取り組んでいる人は54%。

2019年には「老後に2,000万円不足する」と発表した金融庁の報告書が騒がれました。

実際に年金以外に老後資金はいくら必要かとの質問に対して、「2,000万円以上3,000万円未満」と回答した人はもっとも多く21%との結果が出ています。
ライフスタイルによっても不足額は変わってきます。

人生100年時代には、老後資金を計画的に準備することと、老後資金をできるだけ長持ちさせる取り崩し方も重要になってくるのではないでしょうか。
老後の収入源は限られています。

今回は、公的年金の受給額をパターン別に確認したうえで、対策方法を考えていきましょう。

年金はいくらもらえる?受給額を考えてみよう

年金は65歳からの受け取りになりますが、どんな年金がもらえるかは加入していた年金制度によって異なります。

・国民年金の場合
【老齢基礎年金】 
対象者:自営業者、学生、専業主婦

・厚生年金の場合
【老齢基礎年金】+【老齢厚生年金】
対象者:会社員、公務員、教員、船員など

実際年金はいくらもらえるのか見ていきましょう。

※日本年金機構ホームページ:年金額(平成29年4月から)計算式より試算
※100円以下四捨五入

※日本年金機構ホームページの年金額(平成29年4月分から)計算式により60歳時到達時の加入年数に応じて試算
※国民年金加入期間は40年として計算
※平均給与月額をもとに計算、年金受給額は千円以下四捨五入
※月額は100円以下四捨五入

上記試算表は、平均収入月30万円で試算しましたが、あくまでも目安の金額です。
収入が変われば年金額も変わります。
では、これをもとに65歳からの年金受給額はいくらになるのか、パターン別に考えてみましょう。

<夫:会社員 × 妻:会社員>の場合

夫婦ともに会社員で、厚生年金加入期間が40年だった場合は、以下の通りです。

【夫 厚生年金加入期間40年】

  • 平均収入月30万円 
  • 受給額 年181万円 【妻 厚生年金加入期間40年】
  • 平均収入月20万円
  • 受給額 年147万円 65歳以降受け取れる年金額合計は、年間およそ328万円。
    夫婦二人合わせた年金受給額は月額およそ27万円です。

    <夫:会社員 × 妻:主婦>の場合

    次に妻が主婦だった場合を見ていきましょう。

    【夫 厚生年金加入期間40年】

  • 平均収入月30万円 
  • 受給額 年181万円 【妻 国民年金加入期間40年】
  • 受給額 年77.93万円 65歳以降受け取れる年金額合計は、年間およそ258.93万円。
    夫婦二人合わせた年金受給額は月額およそ21.58万円です。

    <夫:自営業 × 妻:主婦>の場合

    夫が自営業で、妻が主婦だった場合はどうなるのでしょうか。

    【夫 国民年金加入期間40年】

  • 受給額 年77.93万円 【妻 国民年金加入期間40年】
  • 受給額 年77.93万円 65歳以降受け取れる年金額合計は、年間およそ155.86万円。
    夫婦二人合わせた年金受給額は月額およそ12.99万円です。

    <独身で会社員>の場合

    では独身で会社員の場合を考えてみましょう。

    【厚生年金加入期間40年】

  • 平均月収30万円
  • 受給額 年181万円 年金受給額は月額およそ15.08万円です。

    いかがでしょうか。
    今回は一部パターン別に年金受給額を試算してみました。
    もちろん、ご自身の加入期間や収入、パートナーの働き方によって受給額は変わります。

    生命保険文化センター平成28年度の調べによると、ゆとりある老後生活費は毎月34.9万円というデータが出ています。

    ゆとりある老後を考えた場合、不足額の準備をしておく必要がありますね。
    次からは、不足額を準備するための対策方法を考えていきましょう。