兵庫県豊岡市にある「玄武洞ミュージアム」。⼈気観光場所として⼝コミで評判の博物館ですが、ホームページなどだけでは分からないところがありますよね。そのため、徹底取材を⾏ってきました。旅行や来訪前の参考にしてください。

兵庫県豊岡市にある「玄武洞ミュージアム」へ取材に⾏ってきました。「ホームページの情報だけではよく分からない」「インターネット上の⼝コミや評判だけではよく分からない」という⽅は、ぜひ参考にしてください。

取材先の資料館名:「玄武洞ミュージアム」

どんな施設ですか?

『Spicomi』より引用g
(画像=『Spicomi』より引用)

世界から集められた珍しい石や化石を展示する博物館です。ここでしか見ることのできない宝石・光る石・奇石・化石・鉱物などを展示しています。見て触って驚きながら「石」の不思議を体感できます。

国の天然記念物「玄武洞」の入口にあり、玄武洞の玄武岩をモチーフにした六角形の建物が特徴です。

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

玄武洞とは、約160万年前の火山噴火の溶岩で出来た岩壁にある洞窟です。江戸時代から人が岩石を採掘したことで洞ができました。無数に積み上げられた玄武岩は、自然の力によって六角形をかたどっています。館内でも実際に玄武岩を見ることができます。

また、当館の裏側には広くのどかな円山川が流れています。壮大な大地の歴史を感じさせる、自然豊かな場所にございます。

どんな展示物がありますか?

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

玄武岩をはじめ、さまざまな鉱物・宝石・奇石・化石を2500点以上展示しています。エントランスを入ると、大きなステゴドンがお出迎えしてくれます。ステゴドンは絶滅してしまいましたが、ゾウの仲間だったんですよ。

1Fは大きく分けて岩石ゾーンと、伝統的工芸品である「豊岡杞柳細工」を展示している杞柳ゾーンがあります。岩石ゾーンではアジアゾウをはじめ、山陰海岸や但馬地域の5億年の歩み、玄武洞に関する岩石・資料を展示しています。玄武洞の歴史や玄武岩の多種多様な姿、山陰海岸ジオパークの岩石などをご覧いただけます。

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

杞柳ゾーンでは「豊岡杞柳細工」の変遷、製作方法や多彩な技術、世界の柳細工などを紹介しています。ぬくもりを感じていただける展示となっております。

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

2Fは鉱物ゾーンと化石ゾーンとなっております。鉱物ゾーンでは、地球の神秘を教えてくれる色とりどりの宝石・鉱物のコレクションがあります。 ここでしか見ることのできない、珍しく美しい鉱物が多く展示されています。

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

化石ゾーンでは大迫力のティラノサウルスやトリケラトプス、翼竜、さらに壁沿いには時代ごとの化石を展示し、生命の進化をたどることができます。