幼稚園の先生、保育園の保育士の違いをご存知でしょうか? 幼児教育に関わりたいと考えている人は「幼稚園教諭と保育士、どちらの資格が良いの?」と迷ってしまうこともあるでしょう。この記事では幼稚園教諭と保育士の資格の違い、仕事内容や子供との関わり方の違いを解説します。

幼稚園教諭と保育士の大きな違いはここ

幼稚園教諭と保育士の違いとは? 資格取得の方法、仕事内容や子供との関わり方はどう違う?
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

幼稚園と保育園、どちらも「小さな子供を預かる施設」というイメージがあるかもしれませんが、実は様々な違いがあります。
大きな違いは、それぞれの保育内容と目的です。施設の在り方が違うため、そこで働く幼稚園教諭と保育士にも大きな違いがあります。

幼稚園と保育園を比較するとどんな違いが?

幼稚園と保育園の違いについて、表で比較してみましょう。

幼稚園 保育園
所管省庁 文部科学省 厚生労働省
法令 学校教育法 児童福祉法
保育内容 学習面を中心とした指導 生活面を中心とした指導
対象年齢 3~5歳(2歳児受け入れ園もあり) 0~5歳
保育時間 標準4時間以上 原則8時間以上
1年間の保育日数 39週を下らない 特別な規定なし
長期休み 有り(春休み、夏休み、冬休み) 無し
保育者の配置基準 幼稚園教諭1人につき(原則)35人以下 保育士1人につき、0歳児3人/1・2歳児6人/3歳児20人/4・5歳児30人
給食 任意 義務
保育者の勤務形態 固定勤務体制 早番・通常勤務・遅番などシフト体制。 土曜保育は交代制。
平均的な月額費用 公立2万円、私立4万円 年齢や世帯年収によって違う
入園申し込み時期 9月~11月頃 12月頃

幼稚園と保育園の施設の違いについては別記事にまとめていますので、詳しくは下記記事をご覧ください。

幼稚園教諭と保育士、子供との関わり方に差があるの?

幼稚園教諭と保育士の違いとは? 資格取得の方法、仕事内容や子供との関わり方はどう違う?
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

幼稚園は「児童の教育」を目的とし、保育園は「児童の保育」を目的とします。そこで働く幼稚園教諭と保育士はどちらも同じく幼い子供たちの面倒を見る仕事ですが、子供たちとの関わり方に大きな違いがあるのです。

幼稚園教諭は「先生」

幼稚園は文部科学省が直轄する学校教育施設です。幼稚園教諭は「先生」として学習面を中心とした指導が求められます。
文部科学省が定める「幼稚園教育要領」に基づいたカリキュラムに準じ、音楽活動やリトミックなどの体を動かす活動を通して、子供たちの知識や感情を育てるための教育を行っていきます。

保育士は「保護者の代わり」

保育士は「保護者の代わり」として、生活面を中心とした保育が求められます。
仕事や病気などを理由に保育ができない保護者に代わって、子供たちの食事や着替えなどの日常生活の補助をし、生活習慣を見につける手伝いをするのです。保育園の運営方針は厚生労働省の「保育所保育指針」で定められています。

保育所保育指針は2018年に改定され、保育園も幼児教育を行う施設と位置付けられました。
そのため、これまでの幼稚園は幼児教育、保育園は保育という違いは徐々に無くなりつつあります。共働き世帯が増え、保育園でも幼稚園と同様の幼児教育を求める声が高まってきて、国もその声に応えた改定と言えます。