ギラギラと照りつける日差しが気持ち良い、ハワイ。 でも、気付くと「日焼け」でお肌が真っ赤になってしまっていたこと、ありませんか?

なんとホノルルの紫外線量は、東京の2~3倍以上! これだけ紫外線量が多ければ、日本にいるときにはあまり日焼けが気にならなかったという人も、ハワイでは日焼けに悩まされる…なんてことも。

日焼けは、女性だけでなく男性にとっても大敵! きちんとケアをしてあげないと、後々大変なことになってしまいます…。

今回はハワイでもできる、日焼け後の対策法をご紹介します。

そもそも「日焼け」とは?

日焼けしてしまったら…。ハワイでできる日焼け後の対策法!
(画像=『LaniLani』より引用)

日焼けとは、紫外線を浴びることによってお肌が炎症を起こしている状態。 しかし、紫外線のすべてがお肌に悪い影響を及ぼすというわけではありません。

紫外線の中でも「UVB」という光によって、お肌が赤くなり炎症を起こします。 さらに「UVA」という光は、お肌を黒くし、それが色素沈着してしまうと、シミやたるみの原因になってしまうんです。

アフターケアをしないといけない理由

日焼けしてしまったら…。ハワイでできる日焼け後の対策法!
(画像=『LaniLani』より引用)

日焼けしたお肌は乾燥してガサガサ。 ダメージを受けて、非常に弱った状態になってしまいます。 色素沈着を避け、炎症を悪化させないためにも、日焼け後のアフターケアは重要になってくるのです。

特に日焼けをしてから72時間以内にケアしてあげることが重要! シミの原因となるメラニン色素が、日焼け後72時間で生成されてしまうためです。

痛いからといって放置すると炎症が悪化することも…。 旅行中だからといって油断せず、日焼けをしてしまったら、しっかりとケアしてあげましょう。