カウアイ島で誕生したホーリーグレイルドーナツ。

最近ワード地区に旗艦店をオープンさせたこのドーナツメーカーが、ハワイ州以外では初となるお店をロサンゼルスにオープンさせることを発表しました。

カウアイ発のビーガンドーナツ

「ホーリーグレイルドーナツ(Holey Grail Donuts)」は2018年、カウアイ島ハナレイでハナさんとナイルさんの姉弟がフードトラックスタイルのお店としてオープンしたドーナツ屋さんです。

地元の材料を使った美味しいドーナツはまたたく間に人気となり、2020年にはオアフ島、ホノルルのワード地区にフードトラックでポップアップ店がオープン。

カウアイ島で生まれたドーナツはオアフ島のロコ達の間でもあっという間に人気となりました。

ホーリーグレイルのドーナツの人気の秘密は、ドーナツ生地にタロイモをすりつぶしたハワイの伝統料理「ポイ」を使い、オーガニックココナツオイルで揚げたビーガンドーナツであること。

提携した地元農家から取り寄せた新鮮な食材を使ったさまざまなフレーバーのドーナツは、観光客の間でも話題になっていきました。

旗艦店がワード地区にオープン

オアフ島に進出してますます人気となったホーリーグレイルドーナツは、ワードセンターに店舗を構え、それまで営業していたフードトラックをワイキキへと移動。

さらにナショナル・ドーナツデーである2022年6月には、ワードビレッジのAe’o(アエオ)ビルに旗艦店をオープンさせました。

この旗艦店のオープニングではココナッツオイルで揚げたタロ生地のドーナツの上に、バニラビーンとほうじ茶のグレーズをかけ、レインボー・スプリンクルをトッピングした新フレーバードーナツ「ほうじ茶ユニコーン」を新たに発売。

また、トーストしたタロイモドーナツを使った新しいコンセプトの商品「ドーナツ・トースト」の販売もスタートさせました。