ハワイ島出身のシンガーソングライター、カラニ・ペア。 ハワイの大自然を感じられるような、雄大で美しい歌を作るカラニ・ペアは、グラミー賞を3度も受賞するという、今まさに大活躍中のアーティストです。 今回の記事では、フラ界でも人気のカラニ・ペアをご紹介します。

ハワイ島出身のシンガーソングライター「カラニ・ペア」

ハワイ島ヒロ出身、そして現在はマウイ島に住むネイティブハワイアン、カラニ・ペア。 ソウルフルで力強く、そして晴れやかな歌声が魅力的な、シンガーソングライター兼エンターティナーです。

カラニ・ペアの父や叔父、叔母がミュージシャンという音楽ファミリーで、ペア自身も4歳の頃から歌をはじめました。

学生の頃は幼児教育を学び、またハワイ語の学校を卒業しています。 ハワイ語が堪能なペアは、子ども向けのハワイ語の物語も出版しています。

大学を卒業後、カメハメハ・スクールで仕事をしていましたが、現在のマネージャー兼パートナーのすすめもあり、本格的に音楽の道へと進み始めます。 そして2016年、ペアが33歳の時にリリースしたデビューアルバム「E Walea」が大ヒット。 瞬く間に世界から注目されるアーティストになったのです。

過去3度のグラミー賞も受賞

2016年にデビューアルバムをリリースしたカラニ・ペア。 2022年である現在までに、なんと3度もグラミー賞を受賞しているのです!

2017年、2019年、2022年とグラミー賞最優秀リージョナル・ルーツ・ミュージック・アルバム賞を受賞。 これは、ハワイアンを含む地域ベースの伝統的なアメリカ音楽のアルバムをリリースしたアーティストに贈られる賞です。

また、ハワイのグラミー賞とも称されるナ・ホク・ハノハノ・アワードには2017年以降毎年多くの賞にノミネートされ、2017年にコンテンポラリー・アルバム・オブ・ザ・イヤー、2021年にクリスマス・シングル・オブ・ザ・イヤーそして2022年には男性ボーカリスト・オブ・ザ・イヤーそしてソング・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。

数々の受賞歴があるカラニ・ペア。 これからの活躍にも期待したいです。