Aloha!

日本に一時帰国すると娘たちは外出先で使用するトイレがどこも本当に綺麗な事にいつも大興奮しています!今回は、ハワイの公衆トイレ事情についてお話したいと思います!

ハワイの公衆トイレ

ハワイのトイレ、使用する?しない?ハワイの公衆トイレで問題視されているトイレットペーパー不足
(画像=『LaniLani』より引用)

日本では、公園やビーチには基本的に公衆トイレが設置されていることが多いですよね。 日本と同じように、ハワイでは公園やビーチなどに公衆トイレが設置されています。

そんなハワイの公衆トイレですが、最近ではトイレットペーパーが不足しており、問題視とされているのです。

どのような実態が起きているか、詳しく見ていきましょう。

トイレットペーパーは要持参!

ハワイのトイレ、使用する?しない?ハワイの公衆トイレで問題視されているトイレットペーパー不足
(画像=『LaniLani』より引用)

8月現在、ホノルル市当局は、サプライチェーンの混乱で業務用のトイレットペーパーが不足しているとして、公衆トイレを利用する際にはトイレットペーパーを持参してほしいと市民に呼び掛けています。

トイレットペーパーの不足を受け、家庭用のロール紙などで対応をするそうですが、今後、トイレットペーパー不足が続いた場合には、最終的に公衆トイレなどを一時的に閉鎖する可能性もあるそうです。

先日、私が使用した公共トイレでも既にトイレットペーパーが業務用のサイズからか家庭用のサイズに変更されていました。

トイレに入ったら「トイレットペーパーがない」と言う事も今後は多々出てくるかもしれませんので、公衆トイレを使用する際は注意してくださいね。

なお、当局では水に流せるティッシュペーパーなどは水の中で分解されず、詰まりの原因となる可能性があるとして、公衆トイレでの利用は控える様にお願いしています。

衛生面や治安

ハワイのトイレ、使用する?しない?ハワイの公衆トイレで問題視されているトイレットペーパー不足
(画像=『LaniLani』より引用)

ハワイの公衆トイレは残念ながら日本の様に綺麗ではありません。ビーチなどのトイレは便座が濡れている事もあるので、除菌ウエットティッシュなどを携帯し、便座を綺麗に拭いてから使用する事をおすすめします。

また、誰でも使用可能なため、公衆トイレは犯罪が起きやすく、場所によっては危険な所もあります。

日本でもニュースになり、ご存知の方も多いいと思いますが、2018年には日本人観光客にも大人気の「カカアコ地区」にある公園のトイレで日本人観光客が薬物使用者と思われる複数の男性から顔面を殴打され、首を絞められ気絶させられる事件が起きました。

ハワイの公衆トレイ周辺にはホームレスが寝泊まりしている事もあり、テントが張られている所も少なくありません。

ハワイのトイレ、使用する?しない?ハワイの公衆トイレで問題視されているトイレットペーパー不足
(画像=『LaniLani』より引用)

外に誰もいないこちらの公衆トイレ、一見安全そうに見えますが、隣の遊具で娘たちが遊んでいる間、中から女性の独り言が聞こえていたのですが、次第に奇声に変わり少し危険を感じたのですぐ公園を離れる事にしました。

公衆トイレを使用する際は、なるべく人の出入りが多い場所、周辺に多くの人がいる場所をおすすめします。