かつて日本で土俵を涌かせたハワイ出身の第64代横綱「曙」。

しばらく行き場を失っていた彼の銅像が、ワイキキにあるあの人気プレートランチ店の店先に飾られることになりました。

銅像の主となった相撲レスラー曙

ハワイの「サムズキッチン/Sam's Kitchen」の店先にあの力士の銅像がお目見え!
(画像=Khon2、『LaniLani』より引用)

今回話題になった銅像の主「曙」はオアフ島ワイマナロ出身で、本名をチャド・ジョージ・ハヘオ・ローウェンといいます。

中学時代からスポーツが得意でハイスクールではバスケットボールの選手として活躍していました。

大学でもバスケットボールをプレイしていましたが、コーチとの対立もあり大学を中退。

その後、ハワイ出身の力士として活躍した元高見山関、東関親方の目にとまり相撲界入りしました。

1988年に初土俵を踏んだ曙関は1992年に大関に昇進。

1993年、外国出身力士としては初となる第64代横綱になり、ハワイでもとても人気のある力士でした。

行き場を失っていた理由

オアフ島東部にあるワイマナロは曙の出身地。

力士として闘う姿の曙の銅像は、そのワイマナロにあるこぢんまりとした商業施設「ワイマナロ・タウンセンター」内で曙の母親が営んでいたお店「スモウ・コネクション」の前に建立されました。

2016年にこの曙の銅像はワード地区にあった「オハナ・ハレ・マーケットプレイス」のオーナーの手に渡り、商業施設の中に飾られることに。

ところがワード地区の再開発によりオハナ・ハレ・マーケットプレイスは取り壊しが決定し、店内で使用されていたアイテムのほとんどがオークションにかけられることになりました。

台座も含めると高さ約3mにもなる銅像の移転先は曙の母校であるカイザーハイスクールか、ハワイパシフィックユニバーシティーの可能性があるといわれていました。