保育園・幼稚園の入園準備でほぼ必ず用意することになるループ付きタオル。「自分で手を拭く」という子供の自立の一歩にもなる大切なアイテムです。そんなループタオルの使い方やおすすめ商品、簡単な手作り方法まで紹介します!

ループ付きタオルは保育園・幼稚園の必須アイテム!

保育園・幼稚園の入園準備に! おすすめループ付きタオル9選 手作り方法も紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

ループ付きタオルは、保育園や幼稚園に通う子供の必須アイテムです。手洗いのあとの手拭きタオルとして、1日に何度も活躍します。とても多くの種類が市販されているので、ループ付きタオルを選ぶ時は見た目だけでなく使いやすさも考慮することが大切です。また、ループ付きタオルは簡単に手作りもできるので、子供のお気に入りのタオルを使ってオリジナルの1枚を作ってあげるのもおすすめですよ。

ループ付きタオルを選ぶ時のポイント

保育園・幼稚園の入園準備に! おすすめループ付きタオル9選 手作り方法も紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

ループ付きタオルはサイズや素材などによって使用感が大きく変わります。まずはループ付きタオルの選び方のポイントを押さえておきましょう。

【サイズ】使いやすいサイズは30cm前後

ループ付きタオルのサイズは30cm×30cm前後の正方形がおすすめです。タオルのサイズが小さすぎると水分を少ししか吸い取れませんし、大きすぎるタオルは子供にとって扱いにくく、床に引きずってしまうこともあります。

タオルのサイズは、子供が使いやすい大きさのものを選んであげましょう。また、ループは長さ5~8cm程度のものが一般的です。ループが開きやすくフックに掛けやすい形状かどうかも忘れずにチェックしてくださいね。保育園や幼稚園によってはタオルのサイズが指定されている場合があるので、事前によく確認しておきましょう。

【素材】吸水性の高いガーゼやパイル地

ループ付きタオルは吸水性や速乾性も重要です。タオル生地は、吸水性の高いパイル織りや、速乾性のあるガーゼ織りなどがおすすめ。また、子供が1日に何度も使うものなので、タオルの素材にもこだわりたいですね。素材は天然素材である綿100%が安心です。特に肌の弱い子供には、オーガニックコットンでできたループ付きタオルを選んであげるといいでしょう。

【枚数】4枚あると洗い替えも安心

保育園・幼稚園の入園準備に! おすすめループ付きタオル9選 手作り方法も紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

ループ付きタオルは毎日使用するものなので、なるべく多めに用意しておくといいでしょう。1日1枚のペースで使用する場合、4枚以上持っておけば毎日洗い替えしながら使えますよ。

【刺繍や名入れ】子供にとって判別しやすいかも大切

子供がすぐに自分のタオルを判別できるようにしておくことも、ループ付きタオルを準備する際のポイントです。100円ショップのループ付きタオルは手軽に購入しやすい分、ほかの子供とデザインがかぶりやすいので要注意。

市販品を購入する場合は、記名欄があるかどうかを忘れずに確認しておきましょう。ループの根元部分にワンポイントのワッペンを使ってアレンジするのもいいですね。また、名入れサービスありのループ付きタオルもあります。価格は少し高くなりますが、あらかじめタオルに子供の名前が刺繍されているため、ほかの子供のタオルと間違える心配がありません。